ライフ

最新ライフ記事のRSS

ふるさと納税 出身ふるさとに限らず好きな自治体に寄附可能

2014.05.19 11:00

「ふるさと納税」とは2008年から始まった制度で、任意の自治体に2000円を超える寄附をすると、住民税と所得税が控除される仕組みのことだ。ただし、控除には確定申告が必要。年々認知度が上がり、寄附総額130億円を突破、本格的なブームが到来して

「ふるさと納税」とは2008年から始まった制度で、任意の自治体に2000円を超える寄附をすると、住民税と所得税が控除される仕組みのことだ。ただし、控除には確定申告が必要。年々認知度が上がり、寄附総額130億円を突破、本格的なブームが到来している。

 ふるさと納税のポータルサイト『ふるさとチョイス』を運営する須永珠代さんと、税理士の岩松正記さんにそのしくみを聞いた。まず、ふるさと納税は、自分のふるさとにしか寄附できないのだろうか?

「都道府県や市区町村など、出身地に限らず、自由に好きな自治体を選べます。もちろん、複数の自治体への寄附も可能ですよ」(須永さん)

 確定申告に必要な証明書については、入金が完了すると、各自治体から寄附を証明する『寄附金受領証明書』が発行される。

「この証明書と、会社からもらった源泉徴収票を持って税務署に行けば、確定申告できます」(岩松さん)

 自己負担額の2000円は、寄附する自治体ごとにかかるのだろうか?

「複数の自治体に寄付しても、控除限度額(年収による)内なら負担額は2000円になります。例えば、1か所に3万円寄附しても、1万円ずつ3か所の自治体に寄附しても、控除される金額は同じになるのでご安心を」(岩松さん)

※女性セブン2014年5月29日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP