• TOP
  • ビジネス
  • メロンパン 東日本ではマスクメロンに似せて西では紡錘型

ビジネス

2014.08.29 11:00  女性セブン

メロンパン 東日本ではマスクメロンに似せて西では紡錘型

広島県『メロンパン』169円

 メロンパンといえば、人気の定番パンだが、その定義は、実はゆるい。そもそもメロン味ではなく、関西では紡錘形でクリームや白あん入りをメロンパンと呼び、円形のメロンパンはサンライズと呼ぶ地域も。

「基本はバター風味で、丸パンの上にビスケット生地がかかってグラニュー糖がふってあるのが一般的。格子模様はあったりなかったり」(NPO法人こんがりパンだパンクラブ代表・ひのようこさん)

 昭和の初め、円形に格子模様でマスクメロンに似せた東に対し、西はマクワウリ似のラグビーボール形を採用している。

■メロンパン(169円、広島県『メロンパン』)
 1936年以来の製法を守る、西のメロンパンの代表格。パン成形にお子様ライスの型を使ったのは先代のアイディアだ。「重量感たっぷりのカスタードクリームと柔らかパン生地の相性が絶妙」(ライター・北)。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス