国内

佳子さま 学習院大学中退の理由は「目標」を見失ったからか

 紀子さまの48才の誕生日となる9月11日、宮内庁は突如、次女・佳子さま(19才)が学習院大学文学部教育学科を8月31日付で中退されていたことと、来春、国際基督教大学(ICU)など、他大学を受験されることを発表した。昨年4月、佳子さまが入学されたのは学習院大学文学部教育学科だった。

「教育学科は佳子さまのご入学のタイミングに新設された学科で、まさに“佳子さまのために作られたような学科”です。実際、入学する数年前から佳子さまは“教育学科があれば進学してもいいかな”といった希望を口にされていたそうですから」(別の学習院関係者)

 にもかかわらずの中退。いったい何があったのだろうか。教育学科があるのは北一号館。音楽室や調理室など、特殊な教室もあることから、この建物で一日のほとんどを過ごす。

「他の学科の場合、講義によっては、別の建物に移動することも多くて、他学科の学生との交流もあります。でも教育学科は、そういう機会がほぼなくて、教育学科の学生だけで固まりがちなんです。狭い世界で学校生活を送ることになるため、閉塞感を持つ学生も少なくありません」(前出・学習院関係者)

 佳子さまも、そんな学生のおひとりだったのかもしれない。また佳子さまは“目標”を失われていたという声もある。

「教育学科は小学校の教員資格を取るための学科です。もちろん佳子さまも教員資格を取ることは可能ですが、現実的に考えて、皇族の佳子さまが将来、教師になられることは難しい。そのため、周りのご友人たちとご自分との温度差を日に日に感じられるようになったようです」(秋篠宮家関係者)

 また高校時代、文化祭で同級生らとともにダンスグループを結成され、ステージに立たれたこともある佳子さまは、大学入学前からダンスサークルへの入会を望まれ、楽しみにされていた。実際、ご入学当初、新宿・歌舞伎町旧コマ劇場近くの大衆居酒屋で行われたチアリーダー部の新歓コンパに参加される姿が報じられたこともあった。しかし、佳子さまがサークルに入られることはなかった。それは母・紀子さまのご意向だった。

 2011年10月、長女・眞子さまのプライベート写真が流出したことが原因だった。それは2010年12月、眞子さまが所属されていたICUのスキー部が合宿に行った際に撮影されたもので、眞子さまがイケメン学生にもたれかかる2ショットや、当時、未成年だった眞子さまが、飲みかけのビール瓶や缶酎ハイなどが置かれたテーブルの前でポーズを取られているという写真で、大きな波紋を呼んだ。

「紀子さまは、その事件がトラウマとなっており、“写真を撮られたり、流出する可能性が高いのなら最初からサークルに入らない方がいい”と佳子さまに“サークル禁止令”を出されたそうです。これには佳子さまは苦悩され、仲の良いご友人に“両親にサークル活動させてもらえない”と漏らされていたようです」(前出・学習院関係者)

 好きなこともできない、目標もない──佳子さまは、そんなキャンパスライフに意味を感じられなくなったのかもしれない。

「佳子さまは高3のときにもICUへの進学を希望されていたそうです。“目標”を見失ってしまった学習院大での生活を続けるより、新たな学校へ行って気持ちをリセットしたいとお考えになられたのでしょう。特に志望されているICUは、眞子さまの母校でもあり、話もいろいろと聞いていらっしゃるでしょうし、とても自由な校風で有名な上に、東京の郊外にある学校ですから解放感もあるんだと思いますよ」(前出・秋篠宮家関係者)

※女性セブン2014年10月2日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン