• TOP
  • 芸能
  • 慰謝料なし離婚 シングルマザー・清原亜希を支える男性とは

芸能

2014.10.11 16:00  女性セブン

慰謝料なし離婚 シングルマザー・清原亜希を支える男性とは

 9月22日、元プロ野球選手の清原和博(47才)が離婚を発表した。妻の亜希(45才)は、シングルマザーとなった。

「離婚にあたって亜希さんはご主人から慰謝料をもらうことができませんでした。確かに彼は現役時代は年俸だけで50億円以上稼ぎましたが、散財も激しく最近では金銭的に苦しかったようなんです。ですから亜希さんは、シングルマザーとしてどんどん仕事を増やしていかなければいけないんです」(ファッション誌関係者)

 長男(12才)と次男(9才)はいずれも、東大よりも難関といわれる超名門私立小学校に通っている。育ち盛りの男の子を養い、高額な学費を2人分支払っていくのは、並大抵のことではない。

「亜希さんは今後、モデル業だけでなくタレント業もしていきたいそうです。これまでは基本的にお子さんが学校に行っている間に仕事を引き受けるというスタンスでしたが、今は、できるかぎりの仕事を引き受けるようになりました」(芸能関係者)

 女性セブンはそんな亜希が頼り切っている男性の存在をキャッチしていた。あるときは亜希に代わって子供の送り迎えをし、またあるときは仕事に出かけた亜希の留守宅を預かっていた。はっきりした顔立ちでがっしりした体形のカレはいったい…?

「あぁ、それは亜希さんのお兄さんですね。今は住み込みのような状態で彼女と子供たちの面倒を見ているんです。今回お兄さんは、亜希さんの状況を聞いてすぐに飛んできてくれたそうです。彼にも自分の生活があるはずなのに、いつも妹のことが第一なんですよね」(清原家を知る人)

 父親のギャンブル依存が原因で両親が離婚した時、亜希はまだ小学4年生だった。当時中学1年生だった兄が、その後の母と亜希を支えたという。高校入学直前、芸能界デビューをするため上京した亜希。売れない芸能人としての下積み時代を叱咤激励してくれたのも兄に他ならない。最愛の母の最期をともに看取ったのも兄だった。

「亜希さんも“カレがいてくれて本当に心強い”と感謝してもしきれない様子。絆が強いんですね」(前出・清原家を知る人)

 強力な助っ人のもと、彼女はシングルマザーとして、いっそう輝くことだろう。

※女性セブン2014年10月23・30日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス