• TOP
  • 国内
  • 衛藤補佐官「嫌いな日本に来るな」放言 秘書が書いたと説明

国内

2014.11.20 07:00  週刊ポスト

衛藤補佐官「嫌いな日本に来るな」放言 秘書が書いたと説明

 親分が親分なら、子分も子分である。安倍首相のフェイスブックへの支持者の低レベルな書き込みが物議を醸した。

 習近平氏と会談後の投稿に「臭金屁の醜男ッぷりを世界に晒すことができましたね」(11月10日)と書き込まれたり、11月2日には、朝日新聞「吉田調書」捏造を指摘した門田隆将氏の著書『狼の牙を折れ』(小学館)を紹介する投稿に、「朝日なんて便所の落書き程度です」「北京原人を射殺してください」などと書き込まれたりもした。

 だが、首相の「側近中の側近」を自任し、解散総選挙後には大臣ポスト有力といわれる衛藤晟一・首相補佐官のブログも“過激さ”ではひけをとらない。

 衛藤氏といえば、米国政府が首相の靖国神社参拝に「失望した」と声明を出したのに対し、「こっちこそ米国に失望した」という発言をYouTubeにアップして騒ぎを招いた御仁。自民党きってのタカ派で、特に中国批判派で知られる。

 安倍首相がAPEC(アジア太平洋経済協力会議)のために訪中する直前の10月末には、「日本は尖閣問題のように中国からいじめられている国のネットワークを作らなければならない」と中国の海洋進出に対抗する超党派の議員連盟を立ち上げ、フィリピンやベトナム、インドネシアの議員に連携を呼びかけた。

 ホームページの『えとうの報告』と題するブログでも、中国人への怒りを爆発させてきた。歌舞伎町の飲食店では、北京語が飛び交う店内に「いったい全体ここはどこの国だ」と苛立ち、上海語や広東語も混じってくるとついに噴火する。

関連記事

トピックス