芸能

山本聖子の元夫「2人が米で会っているのは知っていました」

 紗栄子(28才)とのドロ沼離婚から2年。本誌スクープを受け、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28才)は11月18日、自身のツイッターでレスリング元日本代表の山本聖子選手(34才)との交際宣言を行った。それが今、大きな波紋を広げている。

《彼女別れたばかりですよね!(中略)もう少し子供のことや世間のこと考えたほうがいいのでは? 離婚2ヶ月でお付き合いの報道は早すぎます。》

 ダルのツイッターには、そんなどストレートな投げかけもあり、ダル自身は、

《期間は関係ありますか? 子供とも仲良いですし世間は関係ないです。価値観の押し付けは良くないと思います。》

 と、怒りをあらわに猛反論した。

 確かに聖子は、この10月上旬、ハンドボール元日本代表の永島英明(37才)との離婚が成立したばかり。11月20日発売の女性セブンでお伝えした通り、ダルが元プロゴルファー・古閑美保(32才)らに行った聖子との“再婚宣言”は、そのわずか3週間後。そして前述の交際宣言は、そこからさらに3週間後のことだった。このあまりに早すぎる展開を、聖子の元夫である永島はどう見ているのか。自宅を訪ねると、彼は本誌の取材に重い口を開いた。

 現在、都内にあるアパートで暮らしている永島。間取りは1Kで、家賃は6万円ほど。まずは、交際宣言と共にダルがアップした“ハグ写真”について聞いた。

「ネットでちょっと見ましたけど…いい写真でしたね。ぼくと彼女は、しっかり話し合って、納得した上で別れたんです。だからもう、お互い前に進まないといけません」(永島・以下「」内同)

 永島と聖子が結婚したのは2006年のこと。翌2007年には長男(7才)が生まれたものの昨年7月、聖子はアメリカのレスリングチームのコーチに就任、長男を連れてアメリカ・コロラド州へと移り住んだ。

「アメリカに行けるなんて、アスリートとして素晴らしいことですから“行くな”とは言えませんでした。それだけ、彼女がこれまで成し遂げてきたことがすごいという証拠です。ただ、日本とアメリカとの距離は、夫婦の間では少し遠すぎました。それ以上に考え方の違いもあって、離婚という結論に至ったんです」

 インターネット上の記事には、「永島さんが、“聖子さんに別の男性の影がある”と悩んでいた」というものもあったが、これを永島はきっぱり否定した。

「ふたりが向こうで会っているのは…知っていました。彼が所属するチームの試合を、息子と一緒に観戦に行ったとも聞きましたから。ただ、彼女が好意をもっているとか、そんなことは一切思っていなかったので…」

 離婚成立後、長男の親権は聖子へと渡った。前述したダルの《子供とも仲良いですし》という言葉には、元夫の永島やその家族への気遣いは一切感じられなかったが、永島自身はそれに対しても冷静に受け止めている。

「なつかないよりはいいじゃないですか。息子が幸せになるんであれば、それでいいのかなって。息子がいちばんですから。彼女に対してもダルビッシュさんに対しても、100%、怒りも嫉妬もないんですよ。彼女が誰とつきあい何をしようと、別に息子と縁が切れるわけでもないですし、ぼくと息子の関係は一生変わらない。血のつながりですよ。ぼくは父親としての役割をこれからも果たすだけです」

 そして最後にこう言った。

「ぼくにはぼくの人生があるし、今後幸せになるつもりです。彼女にも、幸せになってほしいと思います」

※女性セブン2014年12月11日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン