芸能

山本聖子の元夫「2人が米で会っているのは知っていました」

 紗栄子(28才)とのドロ沼離婚から2年。本誌スクープを受け、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28才)は11月18日、自身のツイッターでレスリング元日本代表の山本聖子選手(34才)との交際宣言を行った。それが今、大きな波紋を広げている。

《彼女別れたばかりですよね!(中略)もう少し子供のことや世間のこと考えたほうがいいのでは? 離婚2ヶ月でお付き合いの報道は早すぎます。》

 ダルのツイッターには、そんなどストレートな投げかけもあり、ダル自身は、

《期間は関係ありますか? 子供とも仲良いですし世間は関係ないです。価値観の押し付けは良くないと思います。》

 と、怒りをあらわに猛反論した。

 確かに聖子は、この10月上旬、ハンドボール元日本代表の永島英明(37才)との離婚が成立したばかり。11月20日発売の女性セブンでお伝えした通り、ダルが元プロゴルファー・古閑美保(32才)らに行った聖子との“再婚宣言”は、そのわずか3週間後。そして前述の交際宣言は、そこからさらに3週間後のことだった。このあまりに早すぎる展開を、聖子の元夫である永島はどう見ているのか。自宅を訪ねると、彼は本誌の取材に重い口を開いた。

 現在、都内にあるアパートで暮らしている永島。間取りは1Kで、家賃は6万円ほど。まずは、交際宣言と共にダルがアップした“ハグ写真”について聞いた。

「ネットでちょっと見ましたけど…いい写真でしたね。ぼくと彼女は、しっかり話し合って、納得した上で別れたんです。だからもう、お互い前に進まないといけません」(永島・以下「」内同)

 永島と聖子が結婚したのは2006年のこと。翌2007年には長男(7才)が生まれたものの昨年7月、聖子はアメリカのレスリングチームのコーチに就任、長男を連れてアメリカ・コロラド州へと移り住んだ。

「アメリカに行けるなんて、アスリートとして素晴らしいことですから“行くな”とは言えませんでした。それだけ、彼女がこれまで成し遂げてきたことがすごいという証拠です。ただ、日本とアメリカとの距離は、夫婦の間では少し遠すぎました。それ以上に考え方の違いもあって、離婚という結論に至ったんです」

 インターネット上の記事には、「永島さんが、“聖子さんに別の男性の影がある”と悩んでいた」というものもあったが、これを永島はきっぱり否定した。

「ふたりが向こうで会っているのは…知っていました。彼が所属するチームの試合を、息子と一緒に観戦に行ったとも聞きましたから。ただ、彼女が好意をもっているとか、そんなことは一切思っていなかったので…」

 離婚成立後、長男の親権は聖子へと渡った。前述したダルの《子供とも仲良いですし》という言葉には、元夫の永島やその家族への気遣いは一切感じられなかったが、永島自身はそれに対しても冷静に受け止めている。

「なつかないよりはいいじゃないですか。息子が幸せになるんであれば、それでいいのかなって。息子がいちばんですから。彼女に対してもダルビッシュさんに対しても、100%、怒りも嫉妬もないんですよ。彼女が誰とつきあい何をしようと、別に息子と縁が切れるわけでもないですし、ぼくと息子の関係は一生変わらない。血のつながりですよ。ぼくは父親としての役割をこれからも果たすだけです」

 そして最後にこう言った。

「ぼくにはぼくの人生があるし、今後幸せになるつもりです。彼女にも、幸せになってほしいと思います」

※女性セブン2014年12月11日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン