ライフ

【著者に訊け】脚本家・金子成人『付き添い屋・六平太』語る

【著者に訊け】『付添い屋・六平太』金子成人氏/小学館文庫/600円+税

 生きる。すなわちそれは〈生業〉を持ち、日々の生計を立てることでもあった。

 武士とて例外ではない。わけあって浪人に甘んじ、浅草・元鳥越の借家に妹と暮らす元・信州十河藩藩士〈秋月六平太〉の場合、商家の子女の警護などをして日銭を稼ぐ自称〈付添い屋〉が、現在の飯の種だ。

 時は徳川11代将軍・家斉の時代。各藩のお家騒動と町人文化の活気が交差する地点に、金子成人著『付添い屋・六平太』は舞台を置く。このほど3巻・鷹の巻までが刊行された本シリーズでは、藩を追われた六平太のこんな呟きが印象的だ。

〈河岸の男たちの活気を見ると、いつも気遅れがするのはどうしてだろう〉〈おれだって仕事をしているのだからなにも恥入ることはない、と心の声を上げるのだが、空しさが残る〉……。

 本作は人気脚本家・金子氏の初小説。自身、下積み時代は配達のアルバイトや八千草薫氏の運転手をして食い繋いだという、〈最強の大型新人〉の思いを訊いた。

 江戸後期、生活感溢れる剣の遣い手という設定は、かつて金子氏が脚本を手がけた『御家人斬九郎』(フジテレビ系 柴田錬三郎原作 渡辺謙主演)とも重なる。

「僕は時代劇でもああいう洒脱さがある方が好きだし、人が生きている感じがする。

 例えば飯屋。それ以前は屋台で何か軽くつまむ程度だったのが、江戸も中期以降になると多種多様な飯屋が方々にでき、人が集まる拠点になった。脚本もその方が書きやすいし、飯屋や芝居小屋や岡場所に雑多な人間が入り乱れる猥雑さに、僕は惹かれるんですね」

 かつて〈供番〉と呼ばれる警護役にあった六平太は、江戸生まれの江戸育ち。生母は早世し、父は後妻〈多喜〉を娶るが、10年前守旧派と改革派の政争に巻き込まれて切腹。実はその多喜の兄こそが改革派の先導者の一人〈杉原重蔵〉で、六平太も共に謀反を疑われる形で藩を追われていた。

 義母の死後は、その連れ子〈佐和〉と2人で暮らし、遊び人の兄を針仕事で健気に支える妹に六平太は思う。〈―無垢過ぎる〉〈佐和の無垢さは罪でもある〉と。

「尤も彼は護国寺の門前町、音羽の髪結〈おりき〉ともいい仲で、殆どこっちに入り浸っている。イメージでいうと今は亡き太地(喜和子)さんかな。気風がよくて艶っぽくて、男をピシッと締める同志的なところが、僕自身の好みです(笑い)」

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン