ライフ

【著者に訊け】脚本家・金子成人『付き添い屋・六平太』語る

【著者に訊け】『付添い屋・六平太』金子成人氏/小学館文庫/600円+税

 生きる。すなわちそれは〈生業〉を持ち、日々の生計を立てることでもあった。

 武士とて例外ではない。わけあって浪人に甘んじ、浅草・元鳥越の借家に妹と暮らす元・信州十河藩藩士〈秋月六平太〉の場合、商家の子女の警護などをして日銭を稼ぐ自称〈付添い屋〉が、現在の飯の種だ。

 時は徳川11代将軍・家斉の時代。各藩のお家騒動と町人文化の活気が交差する地点に、金子成人著『付添い屋・六平太』は舞台を置く。このほど3巻・鷹の巻までが刊行された本シリーズでは、藩を追われた六平太のこんな呟きが印象的だ。

〈河岸の男たちの活気を見ると、いつも気遅れがするのはどうしてだろう〉〈おれだって仕事をしているのだからなにも恥入ることはない、と心の声を上げるのだが、空しさが残る〉……。

 本作は人気脚本家・金子氏の初小説。自身、下積み時代は配達のアルバイトや八千草薫氏の運転手をして食い繋いだという、〈最強の大型新人〉の思いを訊いた。

 江戸後期、生活感溢れる剣の遣い手という設定は、かつて金子氏が脚本を手がけた『御家人斬九郎』(フジテレビ系 柴田錬三郎原作 渡辺謙主演)とも重なる。

「僕は時代劇でもああいう洒脱さがある方が好きだし、人が生きている感じがする。

 例えば飯屋。それ以前は屋台で何か軽くつまむ程度だったのが、江戸も中期以降になると多種多様な飯屋が方々にでき、人が集まる拠点になった。脚本もその方が書きやすいし、飯屋や芝居小屋や岡場所に雑多な人間が入り乱れる猥雑さに、僕は惹かれるんですね」

 かつて〈供番〉と呼ばれる警護役にあった六平太は、江戸生まれの江戸育ち。生母は早世し、父は後妻〈多喜〉を娶るが、10年前守旧派と改革派の政争に巻き込まれて切腹。実はその多喜の兄こそが改革派の先導者の一人〈杉原重蔵〉で、六平太も共に謀反を疑われる形で藩を追われていた。

 義母の死後は、その連れ子〈佐和〉と2人で暮らし、遊び人の兄を針仕事で健気に支える妹に六平太は思う。〈―無垢過ぎる〉〈佐和の無垢さは罪でもある〉と。

「尤も彼は護国寺の門前町、音羽の髪結〈おりき〉ともいい仲で、殆どこっちに入り浸っている。イメージでいうと今は亡き太地(喜和子)さんかな。気風がよくて艶っぽくて、男をピシッと締める同志的なところが、僕自身の好みです(笑い)」

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン