• TOP
  • 芸能
  • JUMP 高木、伊野尾、有岡、藪、八乙女が新年の抱負を語る

芸能

2014.12.26 16:00  女性セブン

JUMP 高木、伊野尾、有岡、藪、八乙女が新年の抱負を語る

 まもなく2015年! 2015-16のカレンダーが絶賛予約受付中(2015年3月7日発売・2130円+税・小学館)のHey! Say! JUMPのメンバーが新年の抱負を語った。

■高木雄也(24才)

「2014年はドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)で体づくりをしたこともあって、ライブで息切れしなかったんです。今後も保っていきたいですね。2015年はよりセクシーな自分を披露できたらなって思っています。最近ファンのかたからダメ出しされることが多いんです。自分では気づかないことが多いので、素直にアドバイスを受け入れていきたいと思っています」

■有岡大貴(23才)

「『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演させていただくようになって、日本語が正しく使えるように、たくさん本を買い込んだんです。さらっと読んではみたんですけど、始まって早々おバカなキャラが定着しちゃって(笑い)。ウケを常に狙っているので、ウケなかったときは凹みます。2015年も2014年同様、主婦のアイドルを目指していきたいと思っています」

■伊野尾慧(24才)

「ドラマ『なるようになるさ。』(TBS系)に出させていただいて、芝居に開眼しました。共演者で先輩の安田章大くん(関ジャニ∞)のおかげで、泉ピン子さんともうまくコミュニケーションが取れるようになりました。メンバー以外の友達も社会人となって、自然と異文化交流ができています。’15年はラジオに挑戦したいな。笑いがとれるよう頑張ります」

■薮宏太(24才)

「ドラマの現場で、一俳優として接してくださったことが嬉しかったですね。ぼくはJUMPの中で最年長だから、年下のポジションでいられた現場はとても心地よかったです。これからも年長のかたと絡める仕事を増やしていければいいと思っています。ファンのかたにはぼくの変化を楽しんで、どんなぼくでも好きでいてほしいな、エゴですけどね(笑い)」

■八乙女光(24才)

「2014年は単独ドラマや舞台、バラエティーといろんなことに挑戦できた年でしたね。ライブでも、やりたいと思い描いていたことを形にできたのが、とても嬉しかったですね。ファンのかたがたは、お金を払ってコンサートや舞台を見に来てくださるわけですから、楽をしていてはいけないと常に思っています。そして具体的に褒めていただけると嬉しいです!!」

※女性セブン2015年1月8・15日号

関連記事

トピックス