• TOP
  • ライフ
  • 高橋尚子 ランニング水分補給は20分ごと口湿らせるのが理想

ライフ

2015.01.10 16:00  女性セブン

高橋尚子 ランニング水分補給は20分ごと口湿らせるのが理想

 ダイエットや健康増進、体力維持のためなどの目的から空前のランニングブームが到来している。とはいえ、正しいランニング方法がわからないという方も多いのでは。

 元マラソンオリンピック代表で、現在スポーツキャスターなどを務める高橋尚子さん(42才)にランニング時の水分補給のポイントについて聞いた。

 * * *
 ランニングの際は、水分補給が大切です。20分に1回くらいずつ、口を湿らせる程度に摂るのが理想的。

 とくに5km以上走る場合は、喉が渇く前に、意識的に水分を摂りましょう。

 喉が渇くということは、手足はすでに脱水状態手前にあります。すぐに水を飲まないといけませんが、こういった時も、一気飲みはNG。一度にたくさん飲んでも吸収できないので、少しずつこまめに摂ったほうが効率的です。

 水分は水でもいいですが、私の経験上スポーツ飲料もオススメ。飲むたびにエネルギーが補給されるので、レースの終盤ではとくにパワーをもらえました。

※女性セブン2015年1月22日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス