• TOP
  • 国内
  • 父と2人だけで沖縄入り 佳子さまのラフなお姿と母の気遣い

国内

2015.02.16 16:00  週刊ポスト

父と2人だけで沖縄入り 佳子さまのラフなお姿と母の気遣い

 黒のスリムパンツに白のざっくりニット、ウェーブがかった髪を下ろした公務での姿と異なる佳子内親王の装いに、那覇空港に居合わせた利用客は一様に驚いていた。

「今回はご公務ではなく私的旅行でした。殿下と二人きりだったのでラフなファッションになったのでしょう」(宮内庁関係者)

 2月6日から8日にかけての父娘の沖縄訪問は、秋篠宮が常任理事を務める「生き物文化誌学会」の例会に出席するためで、今回初めて佳子内親王も同席した。

「殿下が佳子さまに“学会に一緒に行かないか”と声を掛けて実現したのですが、お二人だけ一足先に沖縄入りされたのは、紀子さまの計らいだったようです」(同前)

 もともと沖縄訪問は秋篠宮一家揃っての2泊3日の旅程だった。だが、悠仁親王の学校のため、紀子妃と悠仁親王は別便で沖縄入りした(長女の眞子内親王は英国留学中)。

 学会は到着翌日(7日)だったので、佳子内親王も紀子妃と悠仁親王と同じ便でも差し支えなかったはずだが、あえて先乗りしたのにはこんな理由があったという。

「連日の佳子さまフィーバーの中、紀子さまは佳子さまに注目が集まることを気にかけ、服装や言動について厳しく教育されていたようです。そんな様子をご覧になった殿下が、息抜きの意味もこめて佳子さまをお誘いになったのでしょう」(同前)

 6日の夜、佳子内親王は父とともに那覇市内の豚料理専門店で夕食をとった。

「学会の関係者を交えた会食で、個室からは時折、佳子さまの楽しそうな笑い声が洩れてきました。佳子さまはお酒を飲まれませんでしたね」(店の関係者)

 紀子妃と悠仁親王が合流した翌日も父娘二人の行動が続いた。午前中は世界遺産の中城城跡などを観光し、午後は学会に出席した。

「紀子さまは学会には出席せずに悠仁さまと会場近くの動物園へ行かれました。学会は殿下と佳子さまお二人だけでというお気遣いでしょう。佳子さまは殿下とは本当に仲が良いご様子でした」(学会関係者)

※週刊ポスト2015年2月27日号

関連記事

トピックス