• TOP
  • ライフ
  • トイレ好き男 4.5畳の書斎化で休日には半日こもりっぱなし

ライフ

2015.02.18 16:00  女性セブン

トイレ好き男 4.5畳の書斎化で休日には半日こもりっぱなし

 誰もが自分の部屋にこだわりを持っているものだが、中には部屋ではなくトイレにこだわる人も。神奈川県に住むパート勤務の女性・Kさん(45才)の夫(47才)は、異常なまでにトイレに固執するのだという。

 * * *
 家を建てるとき、夫が唯一こだわったのはトイレ。設計士とけんか腰で話し合い、確保したのが、4畳半の広さの、まるで書斎よ。

 初めてうちに来た人は必ずトイレに通されるんだけど、たいがいは「なんじゃ、これは!」って顔。そりゃそうよ。壁一面が飾り棚になっていて、収集したガンダムグッズとお気に入りの本が天井まで。便器に腰かけたときにくつろげるよう、正面の壁には、はめ込み式のテーブル、その横には茶道具や電動ポット、小型テレビを入れるスペースまであるの。

 それこそ、夫が「オレの城」だの「男の隠れ家」だのと呼ぶだけあって、起きると真っ先にトイレ。会社から帰って「ただいま~」と駆け込むのもトイレ。休日ともなると、半日は出てきやしない。

 お尻を丸出しにして、紅茶を飲んだり、新聞を読んだり、ゲームしたりしているのが、「最高のくつろぎ」なんだって。

 私がトイレに入りたくなってドアをノックしても、なかなか開けてくれないし、やっと出てきても、「いいか。絶対にうんこするな」って、こうよ。

 先日なんか、「オレはこっち向いてテレビを見ているから、いいから、ここで用をたせ」って、手招きするのよ。どうしてもトイレから出たくないって。

 もう頭にきて、「ふざけんなっ」と首根っこつかんで、トイレから下半身すっぽんぽんの夫を引きずり出したわよ。

※女性セブン2015年2月26日号

関連記事

トピックス