スポーツ

高木守道氏 「僕は元々巨人ファン。そういう時代だった」

 中日ドラゴンズ監督を2013年に退き現在は野球解説者をつとめる高木守道氏は、岐阜県生まれの岐阜県育ち。岐阜商業高校から1960年に中日ドラゴンズに入団、コーチ・監督としても中日一筋だが、もともと巨人ファンだったという。高校時代、東京六大学のスター選手だった長嶋茂雄氏が岐阜商へコーチに来てくれたときの思い出を、高木氏が語った。

 * * *
 実は高校生の頃に、長嶋茂雄さんに会っているんですよ。岐阜商1年の時、高校のОBが立教大の正捕手をやっていた関係で、夏の県予選前にその先輩と一緒に長嶋さんがコーチに来てくれたんです。

 当時の東京六大学野球といえばプロ野球より人気があった。特に立教には長嶋、本屋敷錦吾(のち阪急、阪神)、杉浦忠(のち南海)の「立教三羽ガラス」がいて、中でも長嶋さんの人気はずば抜けていた。僕も中学、高校時代には、長嶋さんが載っている『ベースボールマガジン』のグラビアを切り抜いて部屋に貼っていたほどです。

 あの頃は、入学以来ずっとやらされていた球拾いからようやく卒業し、練習に混ぜてもらえるようになった時でした。立大4年生だった長嶋さんが実際に守備を見せてくれたり、話をしてくれたんです。巷では、その時に僕の守備を見た長嶋さんが「あの子は5年たったら日本一の内野手になるよ」といって、監督にレギュラーにするよう勧めたという話が伝わっていますが、恐らく、あとから尾ひれがついたものでしょう。

 とにかく緊張していて、直立不動で長嶋さんの話を聞いている写真が残っています(笑い)。

 僕にとって、高校1年の時に憧れの長嶋さんを間近に見たことは、その後の野球人生に大きく影響したと思います。

 僕はもともと巨人ファンでした。当時のテレビは巨人戦しかやらなかったですからね。東海地方でも例外ではなく、中日が地元で試合をしていてもテレビは全国ネットの巨人戦を生中継していた。駄菓子屋で売られるブロマイドも巨人の選手だけ。みんなが川上(哲治)、青田(昇)、与那嶺(要)のいる巨人のファンになった時代だった。

※週刊ポスト2015年2月27日号

関連記事

トピックス