芸能

小説『火花』の師匠モデル先輩芸人が明かすピース又吉の素顔

『火花』の先輩芸人のモデル? 烏龍パークの橋本武志(左)と加藤康雄

 初の本格小説『火花』が話題のピース・又吉直樹(34才)とはどんな人物なのだろうか?

「ぼくのほうが売れてないので、師匠と呼ばないでほしい」と話すのは、お笑いコンビ・烏龍パークのボケ担当・橋本武志(38才)だ。又吉がもっとも慕っている先輩芸人で、『火花』に登場する“師匠”、神谷のモデルともいえる存在。“唯一嫌いなベージュのコーデュロイパンツをはいていた”くだりなど、作中には橋本との実話をもとにしたエピソードが多数登場する。

 又吉は先輩には礼儀正しく、後輩には優しいと話す。

「ぼくがかわいがっている後輩と又吉が偶然同じ寿司屋に居合わせた時、又吉がこっそり後輩の会計まで済ませていた。又吉より先輩のぼくも同じようにおごらなきゃいけなくなるんで、プレッシャーですね。

 実は、下ネタは苦手。以前、ぼくのアパートであえてAVを流したまま席を外してみたら、見向きもしないで小説を読みふけってました。消さないのは先輩への気遣いですかね(笑い)。でも、又吉が同棲してた頃、彼の家で遊ぼうって言ったら、『橋本さんが彼女の下着を盗むかもしれないから』ってきっぱり断られました。心配すんのそこかい!」(橋本)

※女性セブン2015年4月9・16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン