• TOP
  • 芸能
  • 植松晃士「ドラマといえば若者が主役」はアラ還に失礼では?

芸能

2015.05.05 07:00  女性セブン

植松晃士「ドラマといえば若者が主役」はアラ還に失礼では?

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)ほか、ラジオ、雑誌で活躍中のファッションプロデューサー・植松晃士さんが、今クールの話題のドラマについて語ります。植松さんが注目するのは、あの昼ドラマです。

 * * *
 春のドラマが出揃いましたね。話題はいろいろですが、私にとってのドラマとは、NHKの朝ドラと大河、そしてフジテレビ系の昼ドラが、不動のトップ3です。

 そして今クールの大注目は、何と言っても、フジテレビ系の『プラチナエイジ』。湘南を舞台にした、3組のアラ還世代夫婦の“青春風”物語です。

 もうタイトルからして素敵! ご年配のかたをシルバー世代といいますが、「傷つきやすいシルバーと違って、プラチナは傷つかない」から、『プラチナエイジ』なのだそう。

「もう60才。まだ60才」と揺れつつも、「ここから、人生が輝き出す」とするキャッチコピーが秀逸ですね。

 榊原郁恵さん、池上季実子さん、宮崎美子さんのトリプル主演というのも、私たち世代にはハートにズシンとくるキャスティングです。

 郁恵さんは実年齢55才なのでアラ還最年少ですが、とっても若々しいし、池上さんは相変わらず艶っぽくて、宮崎さんの健康的なかわいらしさは「あの頃」のまま。宅麻伸さんも素敵です。そして主題歌は郷ひろみさん!

 あらゆる意味でアラ還世代が主役だなんて、感無量です。今までテレビドラマといえば、若い男女が主役で、アラ還世代が出てきたと思うと、孫の世話。ほんと、失礼だと思いませんか?

 女性は年齢に関係なく、恋心とか夢、野望をずっと持ち続けていい、というより、持ち続けるべきだと思うんです。

 私は昨年から「これからはアラフィフ、アラ還の時代」と言い続けてきましたが、まさにこの言葉を象徴するようなドラマが現れ、“若輩者のひとり”として、今後の人生がいっそう楽しみになりました。

※女性セブン2015年5月14・21日号

関連記事

トピックス