• TOP
  • 国内
  • 坂本一生氏の「やらせ告発」の数々に便利屋運営会社が回答

国内

2015.05.19 07:00  週刊ポスト

坂本一生氏の「やらせ告発」の数々に便利屋運営会社が回答

決意の告白をした坂本一生氏

 便利屋の全国チェーン「便利屋!お助け本舗」(以下「お助け本舗」)の取締役を今年3月まで務めた坂本一生氏(44)は、週刊ポスト(5月22日号)誌上で衝撃の告白をした。「お助け本舗」がNHKの人気番組『ドキュメント72時間』(毎週金曜・夜10時55分~)の取材を受けた際、「やらせ行為」をしていたと暴露したのだ。撮影に関わった仕事の依頼者はいずれもスタッフの知人であり、「夜中に風呂場のナメクジを取る」という依頼のためにナメクジをセットしたこともあったという。

 だが、「やらせ」はNHKだけではなかった。坂本氏はテレビ朝日系『いきなり!黄金伝説。―特別編 2泊3日便利屋!お助け本舗密着生活』(2012年6月17日放送)で「恋人が来るので3時間で片付けてほしい」という依頼について、依頼者はNHKの番組でナメクジを除去した同社の社員で、「ゴミ部屋の捏造」が行なわれたことを告発。また、TBS『キスマイフェイク』(2014年2月6日放送)でも依頼者は同社の社長の妻でや撮影場所は社長の自宅だったという。読売テレビ『す・またん!』(2014年1月27日放送)では、オーストラリアに住みハウスクリーニングの会社を営む坂本氏の兄に依頼し、「架空の海外支店」を登場させたことも明かした。

 坂本氏の告発に「お助け本舗」はどう答えるか。運営会社社長のA氏が書面で回答した。

『いきなり!黄金伝説。』でNHK番組での「ナメクジ駆除社員」が依頼者だったことについては、「撮影当時、当社の社員ではなく、撮影後に自ら便利屋を行ないたいと申し出があった」と回答。また、外から「ゴミを部屋に入れた事実は一切ありません」とした。

『キスマイフェイク』でA氏自宅が舞台だったことは「事実です」と認めている。

 オーストラリア支店については、坂本氏と言い分が異なった。

「元々、坂本氏の兄が当社の仕事と重複するハウスクリーニング業をオーストラリアで行なっており、坂本氏の提案を受け現在に至っております。依頼としては成約しておりませんが、同国でのご相談を何度かお受けしております」

 坂本氏の兄の会社は、いわばフランチャイズ加盟店であるという主張のようだ。そこでオーストラリアにいる坂本氏の兄に電話取材すると、こう答えた。

「弟から『(同社)相談役のBさんに頼まれた』といわれ手伝いました。うちの会社のスタッフがユニフォームを着て撮影し、写真を送りました。お助け本舗からは仕事も貰っていませんし、契約も結んでいない。弟も会社を去ったのでHPからも消して欲しいです」

関連記事

トピックス