ライフ

桜の木の枝で近隣トラブル 嫌みの応酬の末に業者呼び枝切除

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、オバさんたちが美しく生きるためにアドバイス。今回はとある友人のご近所トラブルにまつわるエピソードを紹介してくれます。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 梅雨入り前のひととき。お健やかにお過ごしですか?

 冒頭から何ですが、先日、古くからの女友達から、ちょっと憂鬱な話を伺いました。彼女は東京の高級住宅地、世田谷の一戸建てに住んでいて、お隣とのトラブルに悩まされているとのこと。

 きっかけは桜の木。庭の境界近くにお隣の桜の木があって、春はそれは見事な借景を楽しんでいた、ように見受けられました。

 ところが、「もう、毎年毎年、お隣から舞い落ちてくる花びらの掃き掃除で大変。桜が終われば、モッコウバラやらジャスミン。気が変になりそう」と、口を尖らせます。

「ですから私、お隣にちょっと嫌みを言ったんですよ」と言うのですが、果たしてどのくらいの「ちょっと」かは定かではありません。

 すると先方から、「あら、でも秋にはお宅の柿の木の葉っぱが…」と返され、「それをおっしゃるなら、わが家だってそちらの雨どいから漏れた雨で、雨が降るたび庭が水びたし…」と、嫌みの応酬。

 とうとう桜の枝の一部を業者を呼んで切ってもらうところにまで発展したのだそう。

 最初は私も、軽く彼女に同情しながら聞いていたのですが、途中で絶句してしまいました。確かに花びらを掃き掃除するのは重労働かもしれません。でも見方を変えれば、春の美しい花を、日頃のお世話もせずに愛でることができるなんて、とてもラッキーなことでしょう?

 それなのに何の罪もない桜の枝を切ってしまうなんて、情緒のかけらもないじゃありませんか。

 彼女はとても裕福な暮らしをしている美人さんです。周囲から見たら何の不満もなさそうに見えました。でも、こんな話を聞かされると、「幸せそうに見えても、人の心の中まではわからないもの」と思ってしまいます。

 もしかしたら彼女は、たまたま美しいものを愛でるための「きれいセンサー」が故障していたのかもしれません。それとも自分でも気づかないうちに、心が荒んでいた?

※女性セブン2015年6月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン