国内

秋篠宮ご夫妻 佳子さまの服装や教育方針巡ってすきま風も?

 日々、過熱する佳子さま(20才)フィーバー。ネット掲示板『2ちゃんねる』には「逆らえないようにしてやる」など佳子さまに危害を加えるといった書き込みがされ、投稿した男(43才)が逮捕されるという脅迫事件が起こるなど、もはや異常事態ともいうべき状況だ。

「この書き込みが出た直後、佳子さまは心を痛められ、秋篠宮家はピリピリとした雰囲気になったそうです。

 そして佳子さまの護衛人数は、普段の2、3倍に増員するなど緊急の対応がとられました」(皇室記者)

 この脅迫男は逮捕後、「酒に酔って投稿した」などと供述しているが、この後もこのような事態が起こる可能性は否めない。この脅迫事件に対して、宮内庁内部からは、こんな声が聞こえてくる。

「先日のICU(国際基督教大学)の新入生八ヶ岳合宿での大胆な肩出しファッションなど、佳子さまが“皇族として品位ある行動をされていないのが原因なのではないか”といった批判的な声も少なくありません。そして、その矛先は紀子さま(48才)にまで向いてしまっているんです。  “紀子さまと佳子さまの母娘関係がぎくしゃくしているからなのでは…”という声も聞こえてきます」(宮内庁関係者)

 以前もお伝えしたが、佳子さまの“大胆な着こなし”には賛否両論が巻き起こっている。それは秋篠宮家内部でも同じだった。

「秋篠宮さま(49才)は佳子さまのファッションにも理解を示されて、ほとんど口を出されることはないそうです。“学生らしく楽しく生活をしてくれれば、それでいい”というお考えなのです。

 しかし、紀子さまは佳子さまに苦言を呈されているようなんです。それでも、佳子さまは、ご自分で“導火線が短い”と発言されるほど、強い性格ですから、紀子さまの言葉にも聞く耳を持たれないこともあるみたいで…。

 紀子さまの本音としては、秋篠宮さまにきちんと注意していただきたいとお思いのようなんですが、秋篠宮さまはどちらかというと“放任主義”。厳しくあれこれ言ってくださらないようで、紀子さまは苛立ちを募らせていらっしゃるそうです」(秋篠宮家関係者)

 教育方針を巡って、秋篠宮ご夫妻には、今すきま風が吹いているようだ。

※女性セブン2015年6月11日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン