• TOP
  • ビジネス
  • スマホからその場で印刷できる超小型「携帯プリンター」が人気

ビジネス

2015.08.22 07:00  NEWSポストセブン

スマホからその場で印刷できる超小型「携帯プリンター」が人気

スマホから直接印刷できる超小型プリンタ

 いまや写真を撮るならスマートフォンという人が多いだろう。スマホのカメラを利用している15~39歳の男女に保存している写真枚数を聞いたところ、平均で976枚、最も多い15~19歳女性では平均1715枚にのぼっていた(MMD研究所調べ)。これらの写真を友人・知人と共有するときはLINEやFacebookなどのSNSが利用される一方で、スマホからカードサイズの紙に印刷できる携帯プリンターが10~20代中心に関心を集めている。

 ガールズアワード2015にスマホ専用の携帯プリンター「pomini(ポミニ)」の体験ブースを出展したGK株式会社の牧野俊介さんは、プリクラとチェキをあわせたような写真が出来上がる様子を見た若い女性たちから、次々と「かわいい!」と声が上がるのに驚かされたという。

「近くに無料で商品を配布していたところもあったのですが、うちのほうにより多くの皆さんがいらしてくださり、反響の大きさに驚かされました。販売前には、写真をSNSで共有するのが当たり前の時代に、印刷することへのニーズがどれだけあるのかという懐疑的な見方もありました。

 でもチェキが好調を維持していますし、アプリで修正やデコレーションできるスマホで撮った写真を記念にプリントしたい気持ちがあるんですね」

 女性たちが「かわいい!」と声を上げた写真は、専用アプリをダウンロードし、pomini本体とスマホをBluetooth接続することで印刷できるようになる。専用アプリの印刷ボタンを押すと、専用紙に熱が加えられてプリントが始まり25秒で出来上がる。感熱方式なので、インクもリボンも必要ない。

 専用紙はシールになっているので、好きな場所とレイアウトで貼ることが可能だ。量販店や通販などで購入できるpominiの販売価格は本体と専用紙あわせて2万円弱だ。

 スマホで撮影した写真を名刺サイズのシールタイプの専用紙に印刷するだけでなく、QRコードなどで音声やURLを写真に記録できるのもpominiの特徴。専用アプリで録音されたメッセージを、アプリ経由で読み取ることで再生できる。本体は186グラムと小型で、172グラムのiPhone6Plusとあまり変わらないため携帯しやすい。実際にどのような場面で利用されているのか。

「結婚式場で音声メッセージ付きの写真を寄せ書き代わりに作成するサービスが始まっていて好評だと聞いています。秋葉原のメイド喫茶でもサービスのひとつに加えられていたり、メッセージ付きカードとしてイベントで販売されているそうです。私自身は、離れて暮らす親に孫の音声メッセージ付きの写真を渡して、楽しんでもらっています」(前出・牧野さん)

関連記事

トピックス