• TOP
  • スポーツ
  • 箱根駅伝 いろは坂や富士山を登る代替コースを想定してみた

スポーツ

2015.10.09 07:00  週刊ポスト

箱根駅伝 いろは坂や富士山を登る代替コースを想定してみた

 今年5月に箱根山の火山活動が高まって以降、いまや国民的行事ともいえる箱根駅伝(来年の1月2、3日に予定)の開催を危ぶむ声も出ている。実際に5区および6区を走るランナーたちは、警戒区域から外れているとはいえ、大涌谷の立ち入り禁止エリアから直線距離で約2kmの場所を通るからだ。

 そんな中、浮上しているのが4区の小田原中継所で折り返すという案だ。

 昨年の優勝チームである青学大・原晋監督はインタビューで「東京~小田原往復8区間となれば面白くないですが、こればかりは自然が相手なのでどうしようもありません」と語っている。

 しかし、原監督の言う通り、第5区の舞台となる「山」がなければ大会の盛り上がりは大きく欠ける。近年の箱根駅伝はまさに「山登り」こそがドラマだったからだ。

 そこで考えられるのがコース変更だ。箱根駅伝では、やむを得ない理由でコースが変更になったことがある。

 第二次大戦下の1941年、軍事上の理由などで東海道(当時のコース)を使うことができなくなり、明治神宮から東京都青梅市にある熊野神社までを走る「青梅駅伝」が開催された。この大会は公式記録には含まれていないものの、そうした“苦肉の策”もとられてきた歴史があるのだ。

 そこで駅伝に造詣の深い人々の知恵を借りて代替コースをシミュレーションしてみた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス