• TOP
  • 芸能
  • NHK『新・映像の世紀』 慰安婦をどう描くかで真価問われる

芸能

2015.11.07 16:01  週刊ポスト

NHK『新・映像の世紀』 慰安婦をどう描くかで真価問われる

 世界中の映像アーカイブスから素材を収集し、1995~1996年に放送されて高い評価を得たNHK『映像の世紀』。10月25日からその新シリーズの放送が始まった。第1回「百年の悲劇はここから始まった」では第一次世界大戦が描かれた。今後は月1回ペースで放送されていく(全6回)。
 
 劇作家・映画プロデューサーで『チャップリンとヒトラー』(岩波書店刊)の著者・大野裕之氏はこう評す。
 
「第1回は第一次大戦から20世紀の様々な悲劇が始まった構図をわかりやすく描いていました。敗戦後、ドイツ皇帝・ウィルヘルム2世が亡命先で薪を割っている場面には、こんな映像が残っているのかと驚きました。残酷な死体も含め、当時の映像を包み隠さず見せる姿勢は高く評価します」
 
 一方、20年前の『映像の世紀』を高校時代に貪るように見たという評論家・宇野常寛氏は首を傾げる。
 
「正直、期待外れでした。まず素材となる映像資料が弱い。そして解説も中学校の教科書レベルの薄さで、これでは歴史ファンは納得しない。日本の中流を舐めてるとしか思えない。さらに悪質なのが陰謀史観全開のストーリーを映像の与える印象と意図的に誤読を誘うナレーションで押し付けてくる詐術にはヘドが出ますね。いまのテレビ業界の無能と思い上がりを象徴する第一回だったかと」
 
 たしかにアメリカ参戦の理由が金融資本家による圧力にあったように描くなど、強引な展開であった印象は強い。
 
 ただ、「むしろバランスを取ろうとしていないのが面白い」と語るのは現代史研究者で『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)の著者・辻田真佐憲氏だ。

関連記事

トピックス