• TOP
  • スポーツ
  • プロ野球選手の「10年生存率」 2005年ドラフト組は「47%」

スポーツ

2015.11.15 16:00  NEWSポストセブン

プロ野球選手の「10年生存率」 2005年ドラフト組は「47%」

 日本シリーズも終わり、契約更改・トライアウトなどプロ野球選手の「人事」が活発になってきた。選手のドラフト当時と今のコメントを比較して、「プロ野球人生」についてフリーライター・神田憲行氏が考えてみた。

 * * *
 10月22日に行われたドラフト会議では88人の選手が指名された(育成ドラフトを除く。以下同じ)。指名されたなかには、契約前にもかかわらず早くも、

「1年目から1軍で活躍して、日本でトップの選手になる。遅くてもFA取得前までにはメジャーに行きたい」

 とオコエ瑠偉選手(楽天1位指名)のように目標を高く掲げる選手もいた。

 しかし当然ながら厳しいプロの世界では、指名された全員が活躍するわけではない。そこで今から10年前の2005年ドラフト指名選手のうち何人が今もプロ野球でプレーし続けているのか、「ドラフト指名選手の10年生存率」を調べてみた。

 2005年のドラフト会議は変則的で、高校生指名と大学・社会人指名の2回に分けて行われている。

 まとめていうと、この年に指名された選手は高校・大学・社会人あわせて全部で96人。巨人指名の福井優也投手が入団拒否した以外、95人が入団した。そして現在も指名球団・他球団にかかわらずプロ野球選手のユニフォームを着ているのは、45人である。「10年生存率」は47%だ。半分近く残っているというのは意外に多いなという気もするが、これが1軍生存率にするとぐっと下がるのだろう。生存率の内訳を球団別に見ると、けっこうばらつきがあった。

 たとえばソフトバンクは高校生を4人指名したが、10年後にはひとりも残っていない。高校生1位指名の荒川雄太は、

「プロのキャッチャーと言われれば『荒川』と言われる選手になりたい」

「(城島は)目標にしています。いつか追い越さなければならない。(打撃)タイトルもとりたい」

 と勇ましいコメントを残していたが、1度も1軍の公式戦に出場することなく、2010年に戦力外通告を受けた。現在はトライアルを経て入団し、引退した西武でブルペン捕手を務めている。

 一方でソフトバンクはこの年の大学・社会人ドラフトでは5人指名し、1位の松田宣浩をはじめ4人が選手として残っている。

 惨憺たる生存率だったのが巨人だ。高校生は3人指名したが先述の通り福井に振られて入団は2人、しかし生存率は0%、誰も残っていない。大学・社会人は大量7人が入団したが、残っているのは脇谷亮太ひとりだけだ。つまり巨人の2005年ドラフトは高校・大学・社会人合わせて9人入団して、1人しか残らなかったのである。

 巨人から解雇された選手なかでせつない名前を見つけた。

「光栄です。今の気持ちを忘れずに強気のピッチングをしていきたい」

 指名されて胸を躍らせながらこうコメントしたのは、2005年大学・社会人ドラフトの希望枠で入団した福田聡志投手である。そう、今秋、野球賭博で解雇されたうちのひとりである。まさか10年後に、

「軽はずみに興味本位で始めてしまった。今後はわからない。野球しかしてこなかったので……」

 という羽目になるとは、本人も想像していなかったに違いない。どこで「今の気持ち」を忘れてしまったのだろうか。

 他にも今回解雇された選手の指名当日のコメントを紹介しよう。2008年ドラフト5位指名の笠原将生投手は、

「歴史ある球団で目標としいた球団だったので、指名されて嬉しいです」

 と語っていたが、7年後に解雇処分を受けて、

「いろんな人の人生をメチャクチャにしてしまった。償いきれない思いは、死ぬまで引きずるだろう」

 とコメントしている。2011年ドラフトで1位指名の松本竜也投手は、

「1位だったのでとても嬉しいです。僕をとって良かったと思ってもらえるよう頑張りたい」

 と初々しくコメントしていたが、わずか4年後に、

「自分なりに反省している。いろんな人に申し訳ない。興味本位で手を出してしまった」

 とうなだれた。

関連記事

トピックス