• TOP
  • 芸能
  • バラエティや舞台で活躍 ジャニーズJr.の7人にインタビュー

芸能

2015.12.14 16:00  女性セブン

バラエティや舞台で活躍 ジャニーズJr.の7人にインタビュー

『ザ 少年倶楽部』(NHK総合)、『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)などの番組をはじめ、舞台やコンサートへと活躍の場を広げているジャニーズJr.。今回はちょっと気になる7人をクローズアップ! そこには、ジャニーズの次世代を担うのは俺たちなんだ! と、それぞれが愚直なまでに努力をし、ひたすら前を向き走り続ける7人の姿があった。

■萩谷慧悟(19才)
「大学に入り、音楽論を学んだり、自分で曲を作ったりと音楽のスペックを上げています。Jr.でライブができる機会があったら披露したいです。ぼくたちはバンドを組んでいますが、正式なグループではないのでなれたらいいし、ライブもしてみたい。今はそれを目標に頑張ってます。Jr.にもたくさんのグループがありますが、正直羨ましいです。仲良しごっこがしたいんじゃなくてぼくも同じ土俵に立って、来年は戦いたいと思います」

■真田佑馬(23才)
「主演舞台『TABU』をやらせていただけたことが大きかったです。素晴らしい役者さんとご一緒させていただき、外の世界で揉まれることの大切さを学ばせていただけたおかげで、役者としても人としてもひとつ抜けられたかなって感じます。今年はライブで“さなじい”ってあだ名をつけてもらって、うれしかったです。来年は大河ドラマの『真田丸』に出たいんです(笑い)。真田って苗字を生かせる仕事がしたいと思ってます」

■森田美勇人(20才)
『DREAM BOYS』のショータイムでバンドを披露したんですが、選曲、振付、構成もぼくたちが担当し、有意義な時間が過ごせたことが自信となりましたね。今年はマッチさんのツアーに参加させていただき、マッチさんの偉大さを実感しています。サウンドチェックから真摯に向き合う姿に毎回感動して泣いてしまうので、メンバーから離れて見るようにしてたくらい(笑い)。来年はステージで緊張しちゃうところを克服したいな(笑い)」

■諸星翔希(21才)
「本公演、リハーサルを含めて半年間『Endless SHOCK』漬けの日々でした。すごく大変なんですが、ストイックに向かう分、気持ちに隙間もできないんです。日々全力で向き合っているので、中だるみする暇もないくらい。座長である光一くんをとにかく尊敬しています。常人じゃないストイックさに惚れ惚れします。九州公演では光一くん、内くんと飲めたので、嬉しかったですね~。存在感のある人を目指していきたいと思います」

関連記事

トピックス