• TOP
  • 芸能
  • 『下町ロケット』 イラッとさせられた登場人物の順位を発表

芸能

2015.12.19 07:00  週刊ポスト

『下町ロケット』 イラッとさせられた登場人物の順位を発表

佃航平のライバル・椎名直之を小泉孝太郎が好演

 月曜の朝は『下町ロケット』談義がサラリーマンの定番の話題となっている。いよいよ最終回(12月20日放送)を迎えるが、本誌はこれまでの登場人物たちの人気投票を開催。同番組の魅力に取りつかれた男性450人に一票を投じてもらった。
 
 1位は佃航平(阿部寛)226票、2位・財前道生(吉川晃司)58票、3位殿村直弘(立川談春)44票という順だったが、『下町ロケット』が大ヒットした理由は憎々しいまでの“悪役”が続々登場することにもある。そんなヒール役にもスポットライトを当てるべく、本誌は「イラッとさせられたキャラ」総選挙も実施した。その結果は以下の通りだ。

【1位】椎名直之(小泉孝太郎)60票
【2位】富山敬治(新井浩文)53票
【3位】水原重治(木下ほうか)21票
【4位】貴船恒広(世良公則)20票
【5位】滝川信二(篠井英介)17票
【6位】根木節生(東国原英夫)15票
【7位】中里淳(高橋光臣)12票
【7位】真野賢作(山崎育三郎)12票
【8位】柳井哲二(春風亭昇太)12票

 唯一、両方でランキング入りしたのが7位(人気投票では4位)の真野賢作(山崎育三郎)だ。

「ガウディ編では改心したけど、一度は佃製作所を裏切ったことはやっぱり許せない」(36歳・食品メーカー)

 同じく7位の中里淳(高橋光臣)も真野同様、佃製作所に背信行為をはたらいた。ライバルのサヤマ製作所に転職しただけではなく、山崎が製作したバルブの設計図をサヤマ製作所に流出させた。

 票を投じたファンの中にも「真野同様、いつか改心してくれると信じている」(28歳・医薬品販売)という声もあるだけに、最終回の活躍次第で順位は変わるかもしれない。

 6位の根木節生(東国原英夫)と8位の柳井哲二(春風亭昇太)の白水銀行コンビへの批判は厳しい。

「多額の和解金が入った途端の手のひら返しには、本当にイラッとさせられた」(53歳・商社)

 この後、佃が「あんたらに銀行マンたる資格はないよ!」と言い放つシーンには、多くの視聴者が溜飲を下げたが、2人とも前半のロケット編のみの登場にもかかわらずランクインしたのは、その意外な演技力(?)の賜か。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス