• TOP
  • 国内
  • 1万2660人超買春の元校長「TVで若い子を見るのが嫌になる」

国内

2015.12.22 16:00  週刊ポスト

1万2660人超買春の元校長「TVで若い子を見るのが嫌になる」

 世界で最も多くの女性を抱いたのは1万2775人のウォーレン・ベイティだといわれるが、この男の逮捕がもう少し遅ければ、トップの座が変わっていたかもしれない。4月8日に児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで神奈川県警に逮捕された元横浜市立中学校校長の高島雄平被告(65)。

 1988年、フィリピンの日本人学校勤務時代に買春を始めた彼は、逮捕後、「現地でのべ1万2660人以上の女性を買春し、うち1割は18歳未満だった」と供述したと報じられた。自宅の書斎からはフィリピン人女性の写真計約14万7600枚が押収された。

 10月に横浜地検に在宅起訴された高島被告の自宅インターフォンを鳴らすと高島被告本人が応答したが、「どなたともお話したくありませんので」と答えた。

 12月17日の初公判に、高島被告は紺色のネクタイとスーツ姿で現われた。検察の冒頭陳述で「2013~2014年に渡航先のホテルで計3人の女児を買春し、カメラ撮影した」と起訴内容を指摘されると、高島被告は、

「当時の記憶はほとんどないが、私が記録したもので間違いない。昔から記録癖があり、食べたものや行ったところをすべて写真に撮っている。同居の息子とは変わらぬ態度で付き合っているが、独立した息子と娘とは逮捕後会っていない」

 と述べ、弁護士が「また買春するか?」と問うと、

「絶対ありません。深く反省しております。年寄りになって魅力も全然ないと思うし、気持ちの面でも全くやる気はありません。テレビで若い子が出ているだけで見るのが嫌になります」

 と頭を下げた。

 裁判官に「最後に言いたいことは?」と促されると、「今は恥ずかしさのあまり友人知人とも話をしないし、お酒を飲まないと眠れない」と俯いた高島被告。検察は懲役2年を求刑した。教え子たちは、恩師の「反省の弁」をどう聞いたか。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号

関連記事

トピックス