芸能

爽やかな朝がウリのNHK朝ドラで魅せた波瑠らのキスシーン

朝ドラで波瑠のキスシーンも

 低視聴率や興行収入の不振が叫ばれた2015年のドラマや映画。しかし、出演女優たちは良い作品をつくるため、体当たりで「キスシーン」を演じていた。“爽やかな朝”がウリのNHKの朝ドラだが、最近はキスシーンも登場する。

 最高視聴率27.2%を記録し、国民的ドラマとなりつつある『あさが来た』。ある夜、幕府再興のため400両もの借金を突如、願い立てに来た新撰組の土方歳三に対し、波瑠(24)演じるヒロインのあさは、「もし幕府になんかあったら、その400両ホンマに返してもらえるんだすやろか」と啖呵を切る。

 大事はなかったが、肝を冷やした新婚の夫の新次郎(玉木宏・35)にあさが「つい、この口が」と平謝りすると、新次郎は「その口には、わてが蓋したらなあかんな」と優しく妻の肩を抱いてゆっくり接吻する。

「今の何だすか?」と目を丸めるあさをお姫さま抱っこした新次郎は寝室の布団にあさを寝かせ、そのまま「初夜」を迎えるのだった。

 波瑠は人気急上昇中の若手俳優・坂口健太郎(24)との熱愛報道が出ているが、プライベートでもこんな初々しいキスをしているのだろうか、想像が膨らんでしまう。

 同じく朝ドラ『まれ』。ヒロイン・まれを演じた土屋太鳳(20)は友人のライブに想いを寄せる圭太(山崎賢人・21)と駆け付けた。

 友人の「抱きしめて、ずっとずっと離さないよ~」という歌に後押しされると、ライブ中にもかかわらず、「圭太が好きや、どうしても忘れられん、好きや」と涙を流しながら告白。そんなまれに圭太は口づけをして抱きしめる。

 その後、人目もはばからず、圭太の頬に両手を添えたまれは爪先立ちで背伸びして、自分から唇を求めた。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン