芸能

NHKあさが来た 山内圭哉演じる「雁助ロス」の影響大

NHK連続テレビ小説『あさが来た』公式HPより

 脇役が光るのが人気ドラマの常。今回の朝ドラも例外ではない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘した。

 * * *
 世の中はまだ「五代ロス」の余韻に浸っているかもしれない。

 NHK朝ドラ『あさが来た』で五代友厚を演じたディーン・フジオカが巻き起こした爽やかな風。その後もあちこちの番組にヒッパリだこの状態を見ると、その風は「旋風」と呼ぶべきかも。

 でも私には「五代様」以上に「ロス」を恐れる存在がいる。『あさが来た』の世界をずっと支えてきた人。ドラマのスタート当初から4か月も出続けているのに、過度には目立たず、きちっと脇で空気を締めてきた、いぶし銀のような存在。両替商・加野屋の屋台骨の一つに、間違いなく数えられるあの人。

 そう、「雁助」さんだ。

 最近は多少、露出も増えた。友近演じるうめとのロマンス話で顔アップの機会も増えたけれど。それだって合計すればほんの数十分程度? さして長くはない。しかし、雁助が画面から「いなくなる」となるとなれば、影響は実に大きい。

 雁助の口調、身のこなし、表情の作り方。使用人の筆頭である大番頭はこうあって欲しいというフィット感。生粋の大阪弁、滑らかな商い言葉は言うに及ばず。眼光鋭く、コワモテ。安易な妥協はしない。銭を扱う商いとは、こういう人が大番頭として締めるところをビシっと締めるから成り立つのだな、と納得させられてきた。

 その「両替商」という商いが消滅し、近代的な「銀行」に転換する。時代の波の中での劇的変化を、「雁助」の存在がまさに象徴している。存在は噛みしめるほどに深い。「雁助ロス」の喪失感を考えると怖ろしい。

「雁助」を好演しているのが山内圭哉という役者さん。カツラがあまりにも自然で、着物姿もこなれていて、時代劇か松竹新喜劇などで地道に活躍してきたベテラン舞台役者かな? という第一印象だった。

 ところが。なんと、子役あがりと聞いてビックリ。映画『瀬戸内少年野球団』(篠田正浩監督)にも出ていて今はパンクミュージシャンでもある個性派と聞き、二度ビックリ。ますます今後の活躍に期待したくなる逸材だ。

 雁助とは、単なる脇役ではない。見る者の印象に強く残る「名脇役」だ。

 主役の周囲にいる付け足し的な存在ではなくて、その脇がいるからこそ中心(加野屋)が輝くという効果を、最大限発揮している。たとえば寅さんにおける、おいちゃんやタコ社長みたいに。あるいは小津安二郎監督『東京物語』の、東山千栄子や杉村春子のように。

関連記事

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン