芸能

最新芸能記事のRSS

恵俊彰 『ひるおび!』開始時に島田紳助から受けた助言

2016.02.11 07:00

 いまや司会者や役者としてすっかり定着した恵俊彰(51)。昨年末まで放映されていたドラマ『下町ロケッ

 いまや司会者や役者としてすっかり定着した恵俊彰(51)。昨年末まで放映されていたドラマ『下町ロケット』(TBS系)では、敏腕弁護士の神谷を演じ、はまり役として話題を呼んだ。7年前にスタートした当初、2%そこそこだった『ひるおび!』(TBS系)の視聴率も、現在は同時間帯トップを維持している。だが、そもそもは石塚英彦との漫才コンビ「ホンジャマカ」で知られる芸人である。

 2人の曲がり角となったのは、レギュラー番組『大石恵三』(フジテレビ系)が1993年に2クールで終了したときのこと。恵は当時、「コンビこそ解散しないけど、個人にくる仕事はどんどん優先していこうと2人で決めたんです」という。

 ピンでも動き始めた恵と石塚は、やがてそれぞれの居場所を得て、活躍し始める。恵は『王様のブランチ』『COUNT DOWN TV』『J-SPORTS』(いずれもTBS系)などの司会業で頭角を現わし、2001年からは現在16年目を迎えた『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)を担当する。

 そして2009年に『ひるおび!』の司会者に起用されてからは、一気に司会者恵俊彰は茶の間に浸透していく。もっとも『ひるおび!』を引き受けた当初、恵にはまるで自信がなかった。というのも、裏にはタモリの『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が国民的番組として長きにわたって鎮座していたからだ。

 番組をスタートさせるにあたって、恵は、芸人から司会者へと転じた先輩である島田紳助からこう諭された。

「最下位の球団の監督をやるんやから、勝てるわけはない。FAで誰かをとってこられるわけでもないし。少なくとも1年やれば、視聴率をとることの難しさや、負けることを勉強できる。やるだけやってみればええ」

 恵は覚悟を決めて引き受けた。

「やっぱり生放送の情報番組ということに魅力を感じたんですね。とにかく、いま起きているニュースと徹底的に向き合うつもりでした。自分も40歳を迎えて子供もいるし、社会性のあることにチャレンジしてみたかった面もある。もちろん当初は『司会のくせにそんなことも知らないのか』という視聴者からのご批判も多かった。でも、自分の中ではバラエティ番組と真逆の真面目さで臨もう、やるだけやってやろう、と腹をくくっていた」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP