• TOP
  • 国内
  • 誰も望まぬ暴露に突っ走る「ぶっちゃけ女」の魂胆

国内

2016.03.08 07:00  女性セブン

誰も望まぬ暴露に突っ走る「ぶっちゃけ女」の魂胆

「ぶっちゃけ女」が暴露する思考回路とは?

 年明けから止まらない男女関係の“暴露祭り”。狩野英孝(34才)との交際を宣言したモデルの加藤紗里(25才)や、宮崎謙介元衆議院議員(35才)の浮気相手の元タレントが、同氏から「私のど真ん中はソナタ」とLINEで書かれたなどを、テレビに出演してぶっちゃけた。昨年は、雑誌対談で7年間の不倫経験をぶっちゃけた歌手の一青窈(39才)など、見渡せば身近にもそんなぶっちゃけ女はたくさん。

 都内在住の30才会社員A子さんは友人の結婚披露宴で急きょ、代役スピーチを頼まれた。仲良しグループ4人で準備なしの祝言を述べる際、ひとりがこんな爆弾発言をした。

「このたびはおめでとうございます。まさか私の元カレと結婚するとは思わなかった」

 新婦にも内緒の“秘話披露”に静まり返る会場。顔面蒼白になった新郎にかまわず、友人は「彼女と私は昔から好みが同じでして…」と続けた。

 思いもよらない修羅場をA子さんが振り返る。

「友人は“今後はカレが好きな豚肉のみそ漬けを毎日作ってあげてね”と祝言を締めました。それから仲良しグループで西野カナの友情ソングを歌ったけど会場はドッチラケ。後に“何であんなこと言うの”と聞いたら、彼女は、“何かエピソードがいると思った。過去のことだからいいかなって”とアッケラカンとしてました」

 千葉県在住の20代会社員B美さんは、会社の同僚がSNSに投稿した、《カレの娘さんへのお土産は私とおソロ》という書き込みに目が点になった。そこには、浴衣姿の男性のバックショットとお土産の手ぬぐいの写真メールが掲載されていた。

「後ろ姿の“カレ”は間違いなく会社の取引先の社長でした。見る人が見れば、“あの社長と不倫してるんだ”とわかる内容です」

 すぐにB美さんは、「あれ〇〇社長でしょ。あんなの投稿していいの?」と彼女にLINEを送った。

「すると“別に一緒に温泉行っただけだし、問題なくない?”と返ってきた。相手には奥さんや子供もいるのに、なぜSNSで公表するのか理解できません」(B美さん)

 逆に、秘密の話を暴露されたのは、都内在住の30代会社員C男さん。交際中の彼女の親友D子さんの身の上相談にのるうちに親しくなり、個別に会うようになったという。

関連記事

トピックス