ライフ

認知症当事者座談会 最初に認知症気付いた時を語り合う

片岡:全部ダメでもなくて、「血管が切れたから治療する」みたいな病気とは違う。

園田:部下が早く指摘してくれていればとも思うけど、難しいんだろうな。

 広い敷地の工場での仕事の時にこんなことがありました。現場事務所から車で打ち合わせに出て、終わった後、車で来たことを忘れて、キーをポケットに入れたまま歩いて事務所に戻ってしまう。

 で、次の打ち合わせにまた別の車で乗って行っちゃう。で、また忘れて戻ってきちゃう。事務所で「誰だ、ほうぼうに車を置いてきたのは!」という話になって自分のポケットを見たらキーが2つある。参りましたよ(笑い)。

奥澤:私の場合、お二人とはちょっと違います。普通は認知症と宣告されて「地獄の底に真っ逆さま」という心境の人が多いと思いますが、私は告知の瞬間、ホッとしたんですよ。

〈奥澤さんは定年まで朝6時に家を出て深夜3時に帰宅する、石油製品営業の「企業戦士」だった。退職後に始めた事業に失敗、2年で数千万円の借金を抱えて重度のうつになった。それが認知症の遠因になったと振り返る〉

奥澤:6年ほど前のことです。コンビニでタバコを一箱買いました。当然、お金を払うわけですね。ところが不思議なことに、レジの前に陳列してある同じ銘柄のタバコをもう一箱取って、ポケットへ入れてしまう。それで、当然のように店を出ようとして、捕まるんですね。

 警察に突き出されて、家族が引き取りに来る。そんなことを3か月で3回もやったんですよ。全く同じことを。記憶は抜けているんだけど、警察で酷い扱いを受けたのになんで繰り返すのか、自分でも理解できなかった。3回目に警察から「病院で診てもらったほうがいい」と言われました。

園田:そういうのもあるんですね。

奥澤:お二人はアルツハイマー型だけど、私は「前頭側頭型(※注2)」なんです。(認知症患者全体の)6%くらいしかないといわれています。

【※注2/脳の前頭葉、側頭葉に異常タンパク質が蓄積されることが原因で起きる認知症。赤信号をわたるなど「ゴーイングマイウェイ型」の行動で警察沙汰になることもある】

症状としては判断力の低下と、もう一つがなんて言ったっけ……忘れたんですが、万引きみたいな反社会的行動をしてしまう症状がある(注・専門用語では「脱抑制」という)。告知を受けて病気のせいだったとわかって、ちょっとホッとしたわけです。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン