• TOP
  • 国際情報
  • 高須院長 トランプ氏は「日本にとって最高の大統領」

国際情報

2016.04.09 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 トランプ氏は「日本にとって最高の大統領」

「トランプ氏の発言は正論」と語る高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、アメリカ大統領選についてお話をうかがいました。

 * * *
──今年11月に予定されているアメリカの大統領選についてご意見をお聞きしたいと思います。特に共和党の予備選挙で強さを見せているドナルド・トランプ氏に対しては、どういう印象をお持ちですか?

高須:少なくとも共和党の候補にはなるだろうね。共和党内ではいろんな意見もあって、最後の最後で党内の上のほうから「トランプは降りてくれ」って言われるシナリオもあるのかもしれないけど、とにかく人気が高いから、党としても認めざるをえないでしょう。

──もしトランプ氏が大統領になったら、日本にはどんな影響があると思いますか?

高須:いままでの日本っていう国は、外圧があった後に大きく変化してるんだよ。白村江の戦いの後には律令制度ができて、元寇の後には戦国時代があって、ペリーの黒船で開国して、大東亜戦争で負けて大きく変わった。そういった外圧で変わったときの日本は、必ず隆盛の時代を迎えてる。そういう意味では、日米安保の見直しを求めてくるトランプの外圧が、逆に良い影響を与えるんじゃないかと思うね。

──トランプ氏は、日米安保条約が米軍に対して大きな負担になっているということで、日本が米軍への経費負担を大幅に増額しない場合は、米軍を撤退させ、日本の核保有を容認するという考えを示しています。

高須:僕からすれば、「望むところだ」っていう感じだよ(笑い)。自国を自分たちの力で守らなきゃいけないっていうのはトランプさんのおっしゃる通り。本当の意味でアメリカから独立するいい機会なのかもしれないね。これまでだったら、アメリカからの独立を画策してきた人たちはアメリカ側からきっちり潰されてきたんだけど、トランプさんに限ってはアメリカのほうから独立を促してるんだからね。ついにその時がきたかっていう。その通りに独立すればいいと思う。

 日本っていう国は、対外債務はないし、対外純資産は世界一。つまりアメリカに依存する必要はまったくない。トランプさんだって、日本にちゃんと独立してもらって、対等に同盟国関係を築きたいわけでしょ。日米で環太平洋を仕切っていけばいいじゃない。トランプは中国と仲良くするとも言ってないしね。日本にとっては最高だよ。何にも悪いことはない。

 トランプの言っていることは、いちいち正論だと思う。でも、おそらくトランプを潰したい勢力がマスコミを牛耳ってるんだろうね。「トランプは危険だ。トランプはおかしい」っていうことにして、世間を騙しているんじゃないのかな?

──なるほど。マスコミ関係には嫌われている、と。

関連記事

トピックス