ライフ

文字に色がついて見える共感覚者の親は「天才かも」と考える

 視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚という五感が何らかの理由でつながって感じられ、例えば目で見た物に香りを感じたり、音を聞いてそれに色彩がついて見えたり、“視覚と嗅覚”、あるいは“聴覚と視覚”といった組み合わせで、ある感覚が別の五感と共に感じられる人のことを“共感覚者”という。

『日本共感覚研究会』を立ち上げ、独自に共感覚の研究や、共感覚に関する悩みや質問に答えている岩崎純一さん(33才)は、コーヒーは濃い青に見え、群青色の雲がコーヒーカップの上を、ゆらゆらと漂って見えるというのだ。

 東京大学大学院教授で心理学を教える、日本における共感覚研究の第一人者の横澤一彦さんのもとには、共感覚者の子供を持つ親から、“わが子は天才かもしれないから調べてほしい”という申し出があるという。そもそも、共感覚者は10万人に1人といった説もあり、「芸術家や天才に多い」とされていた。だが、横澤さんが研究のため共感覚者を募ったところ80人もの人が協力してくれ、「おそらくその割合は、100人中1人程度だと推定されます」とのこと。

 天才かどうかを調べるにしても、「共感覚者であることは、特別いいこともなければ悪いこともないのではないか」と横澤さんは言う。

 なぜなら、「数字に色がついて年号が覚えやすいとしても、例えば5と8が同じ色に見える人の場合は、358か、355かわからなくなってしまうことだってあります。そういう点を考えると、日常生活でのメリットデメリットはプラスマイナスゼロだといえるから」(横澤さん)だ。

 一方、前出の岩崎さんが運営する共感覚のサイトには、「小学生の息子が、“この算数の問題はショートケーキの味がする”と言うんですが、私はこれからこの子をどう育てていけばいいのかわからない」といった悩み相談が寄せられることもあるという。

 そんなとき、岩崎さんは「病気だと構えないで、もしかしたら生かせる道があるかもしれないと肯定的に考えてほしい」と答えるのだという。

「だって、“このケーキの味がする時は、答えが正解の時だ”なんてことになれば、共感覚は役立つかもしれませんから」(岩崎さん。以下「」内同)

 岩崎さんは共感覚があることで、幼少時代から苦労もしてきた。

「私は周りと違うことで、相当いじめられました。共感覚という言葉を知らなくても、両親が私を否定せずに認めてくれたから、なんとか生きてこられたと思っています」

 岩崎さんは、今では「どうして私には物や音に色がついて見えてしまうんだろう」と原因を考えるのではなく、そんな色鮮やかな世界を純粋に楽しむようになったという。岩崎さんの目下の趣味は、日本庭園を眺めること。

「絶妙な調和の色とりどりの風景なんです。見事としか言いようがありません」

 それは私にしか感じられない世界ですが、と岩崎さんはそう話しながら目を細めた。

※女性セブン2016年5月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン