芸能

石原さとみが元共演者・山下智久の自宅パーティーに参加

ドラマ共演から山Pと本気恋愛モードに?

 5月上旬のとある夜8時ごろ、都内の大通りを1台のタクシーが走っていた。周囲を警戒するように、低く沈んだ姿勢で後部座席に座っていたのは石原さとみ(29才)。そのまま、タクシーは山下智久(31才)が暮らす都内の高級マンションへと消えていった──。

 ふたりは昨年10~12月の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で初共演し、恋人役を演じた。

 海外生活を夢見る英会話講師の石原と、イケメン僧侶役の山下は最悪の第一印象で出会う。徐々に距離を縮めるも、すれ違い続けるふたり。そして最終回、雪の降る夜、大きなクリスマスツリーの前で何度もキスを交わしながら、石原は山下の肩に手を回し、大きく体をのけぞらせる。

「月9史上でもトップレベルの甘~いキスシーンと話題になりました。あまりに熱いラブシーンに“プライベートでも本当にカップルなのではないか”という感想も少なくなかった」(ドラマ関係者)

 現実とみまがうような熱演ぶりが評価され、2015年度に放映されたドラマを対象に審査される『第19回日刊スポーツ・ドラマグランプリ』では石原が主演女優賞、山下が助演男優賞を受賞した。それだけにふたりの恋の気配が漂ってきたのだが、

「石原も山Pも共演者キラーといわれますが、石原のタレントとの交際報道は噂の域を出ないものがほとんど。唯一報じられたのは年上カメラマンとの真剣交際だけ。好みのタイプは誠実な人。お家でまったりデートを好む方で、モテ男タイプの山Pに行くとは考えづらかったんです」(石原の知人)

 確かに山下はたびたび“夜遊び”が報じられてきた。共演者だった北川景子(29才)との熱愛、高校時代からの知り合いだったあびる優(29才)との交際が報じられたこともある。が、しかし──いつしかドラマのふたりは本気に変わっていたようだ。

「山Pはこのドラマにかなり賭けていて、男友達との“夜遊び”も控えていました。それに、キスシーンの収録でも彼はめちゃめちゃ気配りをして優しいんです。そんなことで…と思うでしょうが、最終回を迎える頃には、石原さんは山Pの“キスの嵐”に加え、思ったより全然マジメで優しい彼にすっかりハマッていた気がします」(前出・ドラマ関係者)

 ドラマ終了後も、共演者のご飯会は頻繁に行われていた。

「はじめは3~4人で会っていましたが、日によっては2人で会うことも。それも石原さんから誘うことが多かったようです」(前出・ドラマ関係者)

 冒頭の夜、石原が彼の家を後にしたのは深夜を回った頃だった。

「この日は、みんなで山Pの家でホームパーティーをしていたようです。それにしても今、女性が憧れるNo.1女優が恋に走る相手が山Pだとは…」(前出・石原の知人)

 現実はドラマを超えている。

※女性セブン2016年6月9・16日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン