芸能

写真家・山岸伸氏 安田成美との信頼関係で水着撮影できた

2000人以上のアイドル、女優たちを撮影した山岸伸氏

 写真家の山岸伸氏は、これまで2000人以上のアイドル、タレント、女優、歌手を撮影。手がけた写真集はなんと300冊以上に上る。数多くの「初グラビア」も撮影してきたトップカメラマンが、彼女たちの思い出を語る。

 山岸氏が初めてアイドルを撮影したのは1980年代前半で、モデルはデビュー直前の安田成美。彼女にとってもこれが「初グラビア」だった。

「当時、何かと面倒をみていただいていた俳優の西田敏行さんが所属する青年座に彼女が入ってきました。頼まれて雑誌のグラビアで撮影し、その後1987年には初めての水着での写真集を出しました。彼女は女優を目指していて、本音では水着になりたくなかったんです。後にも先にも、水着を撮らせてくれたのは僕だけだと思いますよ」

 この撮影が実現したのは、山岸氏と彼女との信頼関係がすでにあったからだ。安田は、1983年に映画『風の谷のナウシカ』のイメージキャラクターに起用されてブレイクしていたが、実は、彼女を推薦したのは山岸氏だった。そして、彼女は見事オーディションでグランプリに。

「尊敬している徳間ジャパンの三浦社長に、『この子を使ってもらえませんか』と売り込んだんです。あの頃は、ちょうど彼女が事務所を移ったばかりで人手が足りなくて、彼女のファンクラブは僕の事務所の中に作っていたんです」

 山岸氏がアイドルを撮り始めて程なく、世はアイドルブームに。海外ロケの回数も急増し、5月の連休はグアム、年末年始はハワイというのが毎年の恒例行事となった。

「年末年始は、クリスマス前からハワイ入りして、1月12日ごろまでイエローキャブのタレントなど、現地入りしたアイドルを片っ端から撮影して写真集にしていました」

 山岸氏の撮影スタイルは、「明るくきれいに、そして、短時間で」だった。1980年代後半になると、レースクイーンやグラビアアイドルの撮影が増えていった。そんな中で出会った一人に、飯島直子がいた。

「直子ちゃんは体がきれいなのはもちろんですが、性格もさっぱりして、とっても気持ちのいい女性なんです。その後、癒やし系の女王といわれるようになりましたが、当時からそんな雰囲気がありました」

 そして世は「ヘアヌード」ブームを迎える。それまで、ヌードを撮ったことのなかった山岸氏にとって初めての撮影は、1994年の横須賀昌美。しかも、ヘアヌードだった。

「どう撮っていいかわからなくて、目のやり場に困っているのだからカメラマン失格ですね。機材は大型の『8×10インチ』という大判のカメラを持ち込む気合の入れようで、ドキドキしながら撮りました」

 その後、ヘアヌードも次々撮影。葉山レイコやジャガー横田などの写真集を手がけた。

「ジャガー横田さんの撮影は思い出深いな。僕は淡々とシャッターを押すタイプなんだけど、彼女にとってはそれが冷たいと感じたようで、すごく怒り出して、あの時は困ったなあ(笑い)」

構成■西本公広

※週刊ポスト2016年6月17日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン