• TOP
  • ライフ
  • 現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

ライフ

2016.06.27 16:00  女性セブン

現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない

小林麻央の発表で注目を集める乳がん

 今や生涯のうち12人に1人がかかるといわれる乳がん。タレントの北斗晶(48才)は、2cmと大きな腫瘍が見つかり、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。女優の南果歩(52才)は早期の乳がんで手術を受け、フリーアナウンサーの小林麻央(33才)は、1年8か月前から乳がんの治療を受けていることがわかった。

 これまで乳がんの治療は「切る」ことを前提に「どのタイミングで」「どこまで」「いつ切るか」と議論されてきた。

 しかし、神戸海星病院乳腺外科の河野範男先生は「乳房以外にがんが転移している場合、手術をしないことが多い」と話す。

「治療を始める際、手術をするか抗がん剤治療をするかを手術前に判断します。切るか切らないかをすぐに決めるとは限りません。極端にいうと、乳房にがんがあっても死にません。それよりも、乳がんが転移しやすい肺や肝臓、骨は生きていくために重要な臓器ですから、まず転移しているがんを小さくするための抗がん剤治療を行います」(河野先生)

 最近の治療では、転移したがんを抗がん剤でうまくコントロールし、胸のがんも少なくなりあえて切らずに日常生活を送ることも可能だ。

「抗がん剤で転移したがんが小さくなっても手術をしないケースもあるし、乳房のがんを切除する場合もあります。ケースごとに医師が判断します」(河野先生)

「抗がん剤は毒をもって毒を制するところがある」と河野先生が話すとおり、強い副作用があることは、北斗晶がブログに「眠れなかった」と綴ったことからもわかる。

「抗がん剤は脱毛や吐き気などの副作用があるので、70、80才の体力の落ちたお年寄りにはあまり勧めていません。逆に若い人には、10年20年先を考え、抗がん剤治療の必要性を説明し行っております」(河野先生)

※女性セブン2016年7月7日号

関連記事

トピックス