• TOP
  • 国内
  • 猫バーテンダー グラスやビンを倒したことはない

国内

2016.07.20 16:00  女性セブン

猫バーテンダー グラスやビンを倒したことはない

『BAR猫』の猫バーテンダー・あくび

 数多くの飲食店がひしめく東京・上野広小路に、つぶらな瞳のバーテンダーがおもてなししてくれるバーがある。その名は『BAR猫』。

「とはいっても、うちの店は猫がいなかった頃からこの名前なのよ。店主が猫好きでね」

 ズラリと並んだ酒ビンの隙間からスルリと出てきたのは“お酒を作らないバーテンダー”のあくび。お客さんが入ってくるとカウンターの上を軽やかに歩いてお出迎えし、お酒を楽しむ人のひざで甘えたかと思うと、お客さんの隣で彼女専用のグラスから水を飲む。

「飲食店なのに大丈夫なのかですって? なにしろ店名が店名だから、猫が嫌いなお客さまはいらっしゃらないもの」

 猫がいなかった『BAR猫』にあくびがやってきたのは2012年の秋。まだ生後4か月の子猫だった。

「子供の頃からこのお店が遊び場だから、グラスやお酒のビンを倒したことはないわ。ふふん、これは自慢できることのひとつね」

 もうひとつの自慢は、猫好きのお客さんから「こんなに接客してくれる猫には会ったことがない」と言われること。

「店主は『忙しいときに接客を任せられるから助かるわ』って。天職なのかしらね(笑い)」

 小さな小さなバーテンダー猫は今日も、お酒に癒しというエッセンスを加えている。

【プロフィール】
名前:あくび ♀
年齢:3歳
種類:猫(シンガプーラ)
勤務先:BAR猫
職種:お酒を作らないバーテンダー
主な仕事内容:お客さまのお出迎え、遊び相手、お見送り。
お給料:基本給はキャットフード。ごほうびは大好きなオヤツ!
好きなこと:お尻ポンポン(しっぽの付け根をポンポン叩いてもらうこと)。
嫌いなこと:爪切り。お店の行き帰り、キャリーバッグに入れられること。
現在の悩み:妹分の犬に追いかけられるのがめんどくさい。
将来の夢:妹分の犬はお父さんと古書店、私はお母さんとBARと2か所に分かれて働いているので、いつかみんな一緒に働きたい!

撮影■山口規子

※女性セブン2016年7月28日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス