• TOP
  • 国内
  • 女性問題で窮地の若手議員が田中角栄に一生忠誠誓った理由

国内

2016.08.08 07:00  SAPIO

女性問題で窮地の若手議員が田中角栄に一生忠誠誓った理由

田中角栄は言葉の力を知っていた(写真・山本皓一)

 田中角栄は「人たらし」と言われた。会った人の心を瞬時につかみ、反対派でさえも虜にする人間的魅力を備えていた。それは言葉だけの力でもカネだけの力でもない。「人を操る心理学」を熟知していたからだろう。角栄の数々の名言の背後にある人心掌握の哲学を探求していこう。ジャーナリストの武冨薫氏がレポートする。

 * * *
〈人にカネを渡すときは、頭を下げて渡せ。「くれてやる」と思ったら、それは死にガネだ。〉

 金権政治の象徴のように言われる角栄は、気前よくカネを配ったことで知られる。政治家、官僚、さらに彼らが乗ってきた公用車の運転手にまで「心付け」を欠かさなかったという。そんな時代でもあった。

 しかし、受け取った側は引け目を感じる。渡し方を間違えると反発を招き、敵に回りかねない。角栄はその難しさをよく知っていた。

 こんなエピソードがある。派閥の若手議員が女性問題で100万円のカネが必要になり、金策が尽きて電話で角栄に泣きついた。当時の100万円は大金だ。

「わかった」

 角栄は秘書に「300万円」を届けさせた。こんなメモが添えられていた。

「このうち100万円で話をつけろ。そしてあとの100万円で迷惑をかけた周りの人にうまいめしを食わせてやれ。残りの100万円は取っておけ。

 返済は無用」

 この議員が、角栄が死ぬまで忠誠を誓ったことは言うまでもない。

※SAPIO2016年9月号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス