• TOP
  • 芸能
  • 「2つの真田丸」論争 三谷幸喜氏が選んだのはどっちだ

芸能

2016.10.24 16:00  週刊ポスト

「2つの真田丸」論争 三谷幸喜氏が選んだのはどっちだ

◆NHKが掘る「巨大な穴」

 そうやって大きく新説を取り上げたNHKだが、一方でそれが“論争”を巻き起こす結果にもつながった。

 4月から始まり、現在は大阪歴史博物館に巡業している『2016年NHK大河ドラマ特別展「真田丸」』(9月17日~11月6日)の図録では、従来説を支持する立場から、出城説を真っ向から否定する論文が掲載されたのだ。大阪歴史博物館学芸員らの連名による論文では、出城説の根拠となった絵図などについて〈大坂の陣後、一定の年代を経て制作されたものであり、その姿は到底大坂の陣前の大坂城の姿と言い切ることはできない〉と結論づけているのだ。

 かくして「2つの真田丸」論争はNHKが両説を“公認”してしまったかたちとなり、関係者の間では、大河ドラマではどちらの説を採用するのか、と注目を集めるようになった。

『真田幸村』の著書もある歴史研究家で多摩大学客員教授の河合敦氏は真田丸の「かたち」がどう描かれるかで主人公・幸村の人物造形も変わってくると指摘する。

「私は独立した城だったという説を推しています。それは主戦派の幸村のキャラクターを考えると彼の築く城は攻めるためのものでないと駄目だからです。真田丸が単なる馬出しだったら攻めの城とはいえません。(脚本担当の)三谷幸喜さんも出城の説を取ると思いますよ。

 大坂城から分離・独立した場所に真田丸を築けば、それが陥落しても大坂城には迷惑をかけない。しかも敵は必ずこの目障りな真田丸を攻めてくる。そういう思いを出城型のほうが表現できるのではないか。簡単には逃げ帰ることができない背水の陣を敷いた、という見せ方もできる」

 NHKは大坂の陣を描くにあたり、真田丸のオープンセットを造成している。大河特集ホームページ「さなイチ」には重機を使って広大な土地に30メートル四方、深さ10メートルほどの巨大な穴を掘る様子が公開されている。

「大坂冬の陣で、幸村はたった3000の兵で、3万6000もの敵兵を迎え撃ったといわれています。戦いは市街戦で、大坂城下の狭い道に徳川勢を巧みに誘い込みます。大軍勢の徳川は狭い道で後退できずに空堀に次々と転落し、鉄砲方の狙い撃ちにあうのです。オープンセットの大穴は真田丸の周りに掘られた空堀でしょう。この形状から推測するに、出城説が採用されているんじゃないでしょうか」(前出・井手窪氏)

◆「場所は明かせない」

 NHK広報部に問い合わせると「オープンセットの場所は市町村も都道府県も明かせない。日本の土地ではある。私有地であり、撮影が終わればセットは片づける」という。出城説と従来説のどちらをとるかについては「ノーコメント」と答えた。

※週刊ポスト2016年11月4日号

関連記事

トピックス