芸能

香取慎吾が「木村のお気に入りアクセ」奇跡の紅白もあるか

果たして奇跡の紅白出場はあるのか?

 イントロから5分15秒後、ファンは言葉を失った──。15年ぶりに再結成した「ザ・イエロー・モンキー」をライブのゲストに迎えた10月17日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)。イエモンとSMAPの5人で、『バラ色の日々』『ALRIGHT』を熱唱した。

 話題のシーンは『ALRIGHT』の最中、黒いオーバーの裾をまくり上げた香取慎吾(39才)にカメラが寄ったときのことだった。

「マイクを持つ香取くんの左手に、星のマークがかたどられたシルバーのバングルがつけられていたんです。一瞬、呼吸が止まりました。私だけじゃありません。きっと、多くのSMAPファンが同じ衝撃を受けていたはずです」(40代女性ファン)

 この日、香取がつけていたのは、『コディ サンダーソン』のバングル。完全ハンドメードで、最低でも10万円以上という同品は、ファンの間で“木村拓哉(43才)のお気に入り”として知られていた。

「木村くんはテレビや雑誌で何度もコディのバングルをつけて登場しています。まさか香取くんも同じものをつけてテレビに出るなんて! しかも香取くん、曲の途中でわざわざバングルをつけた左手にマイクを持ち替えたんですよ」(30代女性ファン)

 今年8月のSMAP解散発表後、木村と香取の不仲説が盛んに報じられた。分裂騒動後、事務所を退社した女性マネジャーを誰より慕っていた香取が、ひとり事務所残留を決めた木村へのわだかまりを強め、両者の関係は修復不可能とまでいわれた。

 その香取が、木村とお揃いのバングルをつけてテレビに出演する──。放送後、ネット上には興奮冷めやらぬSMAPファンの声で溢れた。

《マジで鳥肌。涙出てきた》
《不仲説を否定したいっていう、画面を通じての意思表示でしょ!》
《和解からの解散回避、あるんじゃない!?》

 SMAPの解散まであと2か月あまり。目下の注目は、大晦日の「ラストステージ」開催の可否に集まっている。メンバーと親交のある明石家さんま(61才)も、15日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)でこう話した。

「紅白に出るのか出ないのか。おれもすごく気になる。事務所としては“紅白に出します”ってことで12月31日にしたんやと思う。でも本人たちの気持ちの整理がまだつかんのとちゃうか。あと2か月あるから、事務所がなんとか説得するとは思うけどね」

 現在、NHKでは「SMAPを必ず出せ」という籾井勝人会長(73才)の大号令のもと、スタッフが全力で交渉しており、木村と中居正広(44才)は出場に前向きだとされている。

「稲垣さんと草なぎさんは、“みんなが決めたなら”というスタンス。香取さんが拒んでいた。そもそも解散自体、香取さんが頑なに主張したことがきっかけだといわれています。香取・木村ラインが修復すれば、奇跡が起きる可能性は充分にある。ファンならずとも期待してしまいます」(芸能関係者)

※女性セブン2016年11月10日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン