• TOP
  • 国内
  • 約22万円のがん遺伝子検査は「想像以上にセンシティブ」

国内

2016.11.01 07:00  女性セブン

約22万円のがん遺伝子検査は「想像以上にセンシティブ」

アンジーのように米国で予防的切除をする女性が急増

 2013年にハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー(41才)が、乳がん予防のために両乳房を切除したと公表した。アンジーが健康な乳房を切除・再建したことをきっかけに、米国で予防的切除をする女性が急増。日本にも大きな影響を与えた。

 ピンクリボンブレストケアクリニック表参道の院長・島田菜穂子さんが振り返る。

「『母が今、乳がんで治療中なのですが、私も検査をしたほうがいいのでしょうか?』などと、がんと遺伝に関する相談が一気に増えました」

 さらに2015年、アンジーは卵巣と卵管を摘出したと発表。“乳がんに加えて卵巣がんも遺伝する”――それは衝撃をもって、常識のように女性たちの胸に刻まれたのだ。

 実際のところ、がんは生まれつきの遺伝子や、たばこ、運動不足といった生活習慣・環境的要因、偶然が重なって、誰にでも発症しうる病気だ。しかし、特定の遺伝子に異常があると、高い確率で発症する。国立がん研究センター中央病院遺伝子診療部門の吉田輝彦さんが解説する。

「たとえば、乳がん・卵巣がんの中で遺伝が原因のものは罹患者全体の5~10%だといわれています。その中で誰もが持っているBRCA1遺伝子あるいはBRCA2遺伝子に異常がある『遺伝性乳がん・卵巣がん症候群』の人は、生涯で乳がんにかかる割合が56~84%、卵巣がんで40~60%と高確率になります」

 通常、乳がんになるのが11人に1人、卵巣がんは90人に1人といわれているので、それに比べると「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」の人はかなり罹患リスクが高い。アンジーは遺伝子検査の結果、BRCA1遺伝子異常が見つかった。実際、母親は乳がんと卵巣がんに罹り56才で死去。祖母と叔母もがんで亡くなっている。

 もし、自分がこのタイプのがんだったら、娘は? 姉妹は? と考えて悩んでしまうのは当然のこと。フリーアナウンサー・小林麻央(34)も悩んだ。彼女はブログにこう書いていた。ここで言う「姉」とはフリーアナウンサーの小林麻耶(37)のことである。

《乳がんを経験していた母は、ずっと胸のうちで『私のせいではないか』と自分を責めていました。そして、妹も乳がんとなると、姉は、相当不安があったと思います。私は、娘のことも、とても心配で、私のせいで将来もし、と苦しい気持ちになりました》

 そして、検査を受けることを決意する。しかし、麻央も受けた遺伝子検査は一般的ながん検診と違って、気軽に受けられる検査ではない。また、最近よく広告などでも見かけるようになった唾液を使った簡便なものとは全く別のもので、実際の検査までハードルが高く設定されている。

 検査を受ける場合、まずは専門機関でカウンセリングを受ける。血縁に乳がん罹患者が3人以上いるなど家族歴を確認して、遺伝子異常の可能性が低ければ検査の必要はないと判断されることもある。また、検査は成人であれば本人の同意でできるが、基本的な前提として、「遺伝子」というナイーブな問題になるため、家族の充分な理解が必要になる。

関連記事

トピックス