芸能

石川次郎氏「今でも『トゥナイトだ!』と声をかけられます」

司会の石川次郎氏と下平さやかアナ

 1980年から放送開始した深夜のワイドショー『トゥナイト』(テレビ朝日系)をリニューアルし、美人リポーターが数多く登場する『トゥナイト2』は1994年にスタートした。政治経済から風俗まで何でもありの情報番組で、月曜から木曜まで、24時をまたぐ深夜帯ながら視聴率は2ケタに迫ることもあった。8年間にわたって街に繰り出し、道行く人々に話を聞いたリポーターの高尾晶子が振り返る。

「スタッフに“ノーブラが流行ってるみたいだから取材してこい”と言われ、渋谷のセンター街で朝から晩まで80人くらいに声をかけて、何とか3人探しましたね。番組スタッフは、バカバカしいことを本気でやろうという精神で一致団結していましたね」

 番組は常に遊び心に満ちていた。例えば風邪の特集ならば、医者に今年の対策法を聞いた上で、最後に「仕事中は裸ですが、どんな対策をしているの?」と風俗嬢に取材する。桃の初採りの取材で山梨の農家を訪れた後、湘南で「桃尻娘」を探す。番組の主役はいつも一般人だった。

「ロケ台本もスタジオ台本も一切ありませんでした。自分で取材ポイントを見つけて突撃する。でも、皆さんに“トゥナイトですけど~”とマイクを向けると、“いつも見てます”と笑顔で受け入れてくれました」(高尾)

 番組からスターも生まれた。長野朝日放送のアナウンサーだった斎藤陽子は2代目アシスタントとなり、人気が爆発。発端は司会を務めた石川次郎氏の一言だった。

「彼女の個性はセクシーさにあると感じたので、“思い切って露出で勝負したら?”と勧めたら、“いいんですか?”と戸惑いながらも乗ってくれましたよ」

 胸の谷間が露わになる衣装を着ると、瞬間視聴率が上昇した。斎藤に続いてアシスタントになったのは、テレ朝の新人アナ、下平さやか。初仕事となったSMクラブの現場リポートで山本晋也監督に心境を聞かれ、「なんだか私まで叱られているみたいです」と純情で素直な感想を述べ、視聴者の心を掴んだ。

『トゥナイト2』というと風俗リポートばかりが記憶に残るが、話題になる前に取り上げた「たまごっち」が大ブームになったり、街頭インタビューで10代の少女に性感染症が蔓延していることを明らかにしたりと、番組が社会を見る目は鋭かった。視聴率は安定していたが、深夜帯をお笑い枠にするという編成方針により、2002年3月に終了。だが、復活を望む声は今も絶えない。

「街で“あ、トゥナイトだ! また見たいです”と今でも声をかけられます。とんでもない人気番組に出演していたんだなあと実感しています」(石川氏)

写真提供/(c)テレビ朝日

※週刊ポスト2016年11月25日号

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン