ライフ

第23回小学館ノンフィクション大賞・柳川悠二氏「逆転のPL」を描いた理由

小学館ノンフィクション大賞を受賞した柳川悠二氏

 今年で23回目となる「小学館ノンフィクション大賞」の最終選考会が10月下旬に行なわれた。9年ぶりに一新された選考委員が最終候補5作品について縦横無尽に論じ合い、強豪校野球部の終焉を描いたノンフィクションライター・柳川悠二氏(40)によるルポ『永遠のPL学園──六〇年目のゲームセット』を大賞に選出した。本作品は来年早々にも単行本化される。

【受賞作品のあらすじ】

 春夏通算7回の甲子園制覇を誇るPL学園野球部は、2016年7月15日、約60年の歴史に幕を閉じた。最後の部員は12人。強豪校では当たり前の「特待生」も、彼らの世代にはいない。本作では、その12人の成長を2年にわたって追うとともに、なぜ名門野球部が廃部に追い込まれたのか、その真相を探った。

 最初の証言者は、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団を立教した二代教主・御木徳近の意を受け、部の強化に尽力した学園1期生の井元俊秀。80歳になる井元は野球部創部の経緯、野球部と信仰の深い結びつきを初めて明かした。

 さらに桑田真澄、清原和博らが活躍した全盛期にも、PLの強さの根源に「信仰の力」があったと関係者は口を揃えた。全国中継される春夏の甲子園で、アルプススタンドに「PL」の人文字が描かれ、野球部は教団名を世に広めた。その効果は絶大で、春夏連覇を達成した1987年には公称信者数が260万人に達する。教団のネットワークを駆使して有望選手の情報を集め、信者の寄付を投じて特待生を受け入れる。それがPLの強化システムだった。

 入部したばかりの1年生は先輩に対して「はい」と「いいえ」しか口にすることが許されず、何かミスをすれば連帯責任。そうした“鉄の掟”はPL野球の精神的根幹となった一方、2000年代以降は度重なる暴力事件の温床にもなっていく。

 2013年2月に発覚した不祥事を機に、学園と教団は廃部へと舵を切る。それ以降、野球経験のある監督が置かれることはなかった。教団やOBの事情に翻弄されながら名門校の伝統を背負った最後の12人だが、公式戦や練習試合で連戦連敗。彼らの野球は、先制しても結局は負けてしまう“逆転されるPL”だった。

 そうして公式戦の勝利がないまま、「最後の夏」を迎えたPL。その初戦で、12人は黄金期を彷彿とさせる逆転劇を見せる──。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン