国内

愛子さま、ストイック減量の背景にご学友の「きれい!」の声

15歳になった愛子さま

 12月1日、15歳の誕生日を迎えた愛子内親王。宮内庁が公開したのは、かつてのイメージから大きく変わられたお姿だった。ふっくらとしていた頬はほっそりとし、足や手も非常に細くなっていた。「大人の女性」として成長された様子を「スッキリして綺麗になられた」と喜ぶ声もある一方、「健康状態は大丈夫か」と心配する声があったのも事実だ。

 愛子内親王は9月26日から約1か月半にわたり、学習院女子中等科を欠席していた。皇室担当記者の話。

「定例会見で東宮大夫は当初、愛子さまの体調不良を『夏休み明けの宿題の提出やテストでお忙しくなさり、運動会を控えての練習も重なり、お疲れが出た』と話していた。しかし、欠席が長期化し、宮内庁記者会から追及されると『病名はない』『問題はない』としどろもどろの説明を繰り返した。それがかえって病状への心配が広がる結果となってしまった」

 宮内庁関係者が声を潜める。

「9月頃から愛子さまはいわゆる炭水化物抜きダイエットを始められた。白米はほとんど召し上がらなくなっており、朝はヨーグルトやジュースだけ。夜はサラダ、煮物、野菜のお浸しくらいで肉類をほとんど召し上がらない」

 なぜそこまでの食事制限をすることになったのか。学習院関係者が説明する。

「愛子さまは、昨年の夏ごろから身長がどんどん伸び、スマートになってこられました。するとご学友から“可愛い!”“きれいになった”と誉められるようになったそうです。それまでファッションや美容に強いご興味があるタイプではありませんでしたが、“周りからの目”を受けて減量が楽しくなっていった。

 元々、愛子さまは雅子さまに似て“完璧”を目指されるタイプ。ストイックに体重管理を続けられたのでしょう」

 社会心理学者の碓井真史氏は思春期の“極端な減量”についてこう話す。

「この年頃の女の子は非常に見た目を気にする。もっと綺麗になりたいと無理をする子も少なくありませんから、周囲の大人が注視しておくことが必要です」

 とはいえ、あの美しい姿を見れば、ダイエットにやりがいを感じることはうなずける。しかし、まずは体力である。12月5日からは期末試験も始まっており、学業面での負担も大きい。

 いまだ体調には波があるだけに、まずはダイエットよりもしっかり食べて頂き、一刻も早い回復を願いたい。

撮影■雑誌協会代表取材

※週刊ポスト2016年12月23日号

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン