• TOP
  • ライフ
  • 【晩婚考現学】最後は学生時代の友人に頼み込んだ桜子43歳

ライフ

2016.12.24 16:00  NEWSポストセブン

【晩婚考現学】最後は学生時代の友人に頼み込んだ桜子43歳

女はトキメキだけでは生きていけないもの

 40代で結婚した女性たちの実情リポートする【晩婚考現学】シリーズ。第4回は、恋に生きると決めながらも、一転、現実的な結婚を選んだ43歳、桜子の場合をお届けする。晩婚化、非婚化が進むいま、40代男性の未婚率は約3割となり、女性も2割に迫ろうとしている(平成27年国勢調査速報値より)。一方で、結婚願望を抱き続ける人もいる。結婚相談所や婚活サイトの利用者は3年連続で増加しており(「婚活実態調査2016」)、「結婚」したい男女の奮闘は続いている。そんな中、40代で結婚を果たした女性たちは幸運なのか、偶然なのか、必然なのか。

 * * *
■待っているわけではなく、狩りに行く

「白馬の王子さまなんて、おとぎ話の中にしか、いないんだよ」。

 何度、そう言われたかわかりません。それでも私は、白馬の王子さまを見つけることが、結婚につながると思っていました。でも私の場合、待っているわけではなく、自分から狩りに行くんです。昔はそんな言葉はなかったけど、いわゆる肉食系女子でした。自分としては、“恋多き女”と呼んでもらうほうが嬉しいんですけどね。

 私の言動も、帰国子女だというと、納得してもらえるようです。父の仕事の関係で、高校までを主にパリで過ごしました。その間に母親が亡くなり、大学で日本に戻ったのは、父の一人暮らしを心配したから。いまは翻訳の仕事をしていて、拠点は日本です。日本人とフランス人、どちらとも付き合ったことはありますが、どっちも好き(笑)。結局はその人次第ですよね。大事なのは個性だし。ただとにかく、トキメキがないとダメなんです。

 これまで付き合った人は、ほとんど私から告白しています。かわいい弟くんタイプが好みですね。私だって、告白されたいなぁという女心はあるんですよ。でも、どういうわけかそうならなくて……。ぶわっと盛りあがったら、気持ちが口に出ちゃうんですよね。あと、すぐに体を触りたくなっちゃうから展開も早いらしい(笑)。こういうのは、会話やスキンシップを楽しむパリで暮らした影響だと自己分析しています。

 日本人って本当に喋らないですよね。いや、もちろん、喋ってるんですけど、私から見ると本音をなかなか伝えないし、肝心なことを言わない。日本の婉曲的な表現を、私も美徳だとは思っていますが、それは伝え方のバリエーションであって、伝えなくていい、というわけではないと思うんです。たとえば30代後半の友達は、2年以上同棲しているのに、いまだに「結婚してほしい」と言えないそう。ナゾです。

 そんなわけで私は、この人いいな、って思うと、「好きだよ」って言っちゃうし、付き合いたいなと思ったらすぐに「付き合ってください」って言うんです。全く好みではないとか、彼女がいるとかで断られることもあったけど、とりあえず付き合ってくれた人は多かった。男性の多くはオシに弱いんだから、女性は肉食系になったほうが上手くいくと思うんですが、友達からは、「日本人にはできないよ」とか、「そもそも、そんなに人を好きになれない」って言われます。

 でも私は、こんなに惚れっぽいから、なかなか結婚ができなかったと思うんですよね。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス