• TOP
  • 芸能
  • 長年取材ベテラン記者・カメラマンによるSMAP5人の思い出

芸能

2016.12.29 07:00  女性セブン

長年取材ベテラン記者・カメラマンによるSMAP5人の思い出

SMAPを追いかけた記者・カメラマンが語る5人それぞれのエピソード

 2016年内をもって解散を発表したSMAP。これまで5人と共に歩んできたファンは、涙にくれる日々が続いている。そこで、25年間、SMAPを見続けてきたカメラマンTと女性セブン記者Sが、SMAP5人の歴史をそれぞれ振り返った。

◆「いいひと」すぎたつよポン
『いいひと。』は草なぎ剛(42才)にとって初の主演ドラマ。その取材現場で彼は気合が入りすぎたのか、寒空の下、ワイシャツ1枚に。

「その日は春なのにすっごく冷えて、みんなで暖を取っていたんです。彼は上着も着ないから、『寒くないですか?』と聞いたら『大丈夫!』とガッツポーズをとっていて。だけど翌日、風邪で撮影延期になってました(苦笑)」(カメラマンT)

◆ふざけすぎ? な香取くん
『西遊記』や『こち亀』などはともかく、『未成年』『薔薇のない花屋』など、シリアスなドラマの取材の場合でも、必ず最後にサプライズするのが香取慎吾(39才)。

「SMAPみたいな売れっ子は、撮影時間はいつでも短時間ですよ。もっと欲しいくらい。それでも、こっちが“よし撮れた”って思うと、わかるんだろうね。必ず最後にヘン顔をしてくるんです。結局それは使えないんだけど、彼のサービス精神がうれしかったねぇ」(カメラマンT)

◆いい香りすぎるキムタク
 芸能人と取材陣の距離は、これでもかというほどの近い時もある木村拓哉(44才)。

「全員が取材陣の横を歩いて退場していったとき。列の最後が木村くんだったんだけど、彼が通ったら香水のいい香りがふわ~っとして。女性カメラマンだけでなく、おじさんカメラマンも『わ!いい香りだ!』ってざわめいたよ(笑い)。彼はデビュー間もない頃からアクセサリーをつけておしゃれだったから、『やっぱりキムタクだな!』って盛り上がったよね」(カメラマンT)

◆いじられすぎる吾郎ちゃん
 1997年のコンサートでなぜか“7:3分け”で登場した稲垣吾郎(43才)。

「メンバーがみんなうれしそうに、『なんでなの?』っていじってました(笑い)。あんなに丹精な顔立ちでかっこいいのに、『雨降ると困るんだよ。カツラで来ればよかったかな』とメンバーのいじりを受け止める。中居くんも“キャラがブレないからいじりやすい”っていってましたしね(笑い)」(記者S)

◆ガッポリすぎる中居くん
 主演した『ナニワ金融道』(1996年~2015年)の記者会見でのこと。まじめな顔して「今銀行の合併とかしてるけど、通帳の書き換えしてないんだけど大丈夫かな?」と中居正広(44才)が取材陣に発言。

「当時長者番付に載ってた彼がいうからもう爆笑しちゃって。会見でも空気を読む能力はピカイチですよ。彼は本当に頭の回転がよくて、難しい質問が来たら中居くんが答えるし、それをちょっと笑いに変えたりできるんですよねぇ」(カメラマンT)

※女性セブン2017年1月5・12日号

関連記事

トピックス