芸能

エレカシ宮本主演ドラマ『俺のセンセイ』 フジ復活へ一筋の光

番組公式HPより

 かつて栄華を極めたフジテレビのドラマだが、近年は不調にあえいでいる。だが、ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏は、年の瀬の深夜に光明を見た。

 * * *
 とうとう昨年末、幕を閉じた『SMAP×SMAP』。20年間の全放送平均視聴率18.1%という超人気長寿番組を失ってしまったフジテレビ。大きな痛手です。いや、フジに吹きつける逆風は、「スマロス」だけではありません。

 年末恒例の「好きなアナウンサートップ10」(ORICON STYLE)に、フジテレビから選ばれたのはわずか男性アナ1人のみ(伊藤利尋)。女子アナはなんとゼロ。一時期の勢いがウソのよう。

 ドラマも低空飛行中。ヒット作を生み出し社会現象まで創り出してきた看板枠「月9」も、今や視聴率は1桁が当たり前と、喘ぎ続けています。たしかに、「人気凋落」と囁かれても仕方のないフジの現状。2017年の船出もやはり激しい嵐の中……と思いきや。

 絶望だけでなく、一筋の光も見えた。そう思わせてくれた一本のドラマに遭遇しました。

 2016年12月25日深夜午前1時に放映された『俺のセンセイ』。やっぱりドラマっていいな、ドラマにしかできないことがあるんだな、と実感。

 終わったドラマを新年早々に敢えて紹介するのには、ワケがあります。今、オンデマンドで無料公開中なのです(無料は1月9日まで)。ドラマの楽しみ方もテレビの外へ、ネットにスマホ、好きな時間帯へと多様に広がっていきそうな2017年。

 さて、このドラマ──。基本の3要素「役者、演出、脚本」がいずれもキラリと輝いていました。

●役者

 主人公を演じたのは…ロックバンド・エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次。何とドラマ初主演という挑戦。10年間のスランプに苦しみ、頭をかきむしり、身をよじりながら苦悩する中年漫画家・西虎太郎の役。

 宮本氏本人のイメージと重なりつつも、落ちぶれた中年漫画家になりきった。絶望の淵に立つ中年男の滑稽さと純粋さ。混濁した味わい深い人物をイキイキと描き出した。宮本氏にしかないロックテイスト。言葉にすれば、「オッサンの透明感」「中年の中にある少年性」とでも言ったらいいでしょうか。

 ドラマの中で、そうした独自の人間味をどう活かせるかが勝負。蓋を開けると、妙な三枚目のドタバタ喜劇にならず、ありきたりのコメディでもなく、格闘する人間ドラマとしてきちんと成り立っていた。

 若き売れっ子漫画家・郡司すみれを演じた石橋杏奈さんも、素晴らしくキレ味のある演技。宮本氏と全力真っ向勝負。「冴えないオッサンvs淡泊なクールビューティー」という構図が鮮やかに立ち上がってきました。

 そして脇を固めた佐藤二朗さんや小出恵介さんからは、ドラマへの情熱が滲み出てくるようなチームワークを感じたのです。

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン