• TOP
  • 国内
  • 逮捕の講談社編集次長の妻「夫の暴力に悩んでる」と語っていた

国内

2017.01.12 16:00  女性セブン

逮捕の講談社編集次長の妻「夫の暴力に悩んでる」と語っていた

「朴さんの奥さんは長い黒髪が印象的な美人で、とても明るいかたでした。お子さんが通う近所の小学校のボランティアグループや、夏のラジオ体操にも積極的に参加していましたよ。家の前で赤ちゃんを抱っこしながら、上のお子さんたちが遊ぶのをニコニコと見守る姿をよく見ました」

 夫人と一緒に小学校のボランティアにかかわっていた人物が声を潜めて語る。

「朴さんの奥さんと仲のいいグループの中に、“夫婦関係がうまくいっていない”というママ友がいました。その悩みを聞いたとき、朴さんも“実は私も夫の暴力に悩んでいる”と告白したんです。いつも明るいかたなのに…」

 近所でも、朴容疑者の自宅から激しい“夫婦げんか”の音が漏れてくることが噂になっていた。

 一方で、朴容疑者は会社では“家庭的なよきパパ”として知られていた。3人目の子供が生まれたとき、朴容疑者は多忙なマンガ業界では異例ともいえる、2か月の育児休暇を取得した。彼はその時のことを、全国紙にこう寄稿している。

《その感想は、「主婦ってこんなに大変なの!?」の一言。やってもやっても仕事が途切れない。毎日10時間くらい献立のことを考える。締め切りが1日に3回ある感覚。それでいて誰にも評価されない。誰からも褒められない。子どもたちに終始、囲まれているはずなのに孤独感が心を覆う。会社に行く方が、ずっと楽だと思いました》

◆子供達は児童相談所に預けられた

 前出の社会部記者が続ける。

「警察は朴容疑者から何度も事情聴取しました。そのたびに“証言”が変わった。最初は“階段から転落した”と話していました。ところが、窒息死という解剖結果が出た数日後、“階段の手すりで首を吊って自殺したと思う”と供述を覆した。さらには、“妻が刃物を持っていたので押さえつけた。気づいたら妻が死んでいた”と供述は二転三転したそうです」

 朴容疑者を知る出版関係者がその人柄を語る。

「アイディアが豊富で、プレゼンがうまいというか、とにかく弁が立つタイプでした。部下や作家からの信頼も厚く、お酒のつきあいもできる。頭の回転が速くて聡明な一方、ユーモアのセンスもあります。これはクリエーターに必要なことだと思いますが、常人には理解できない“気質”も持っている」

 ヒットメーカーだった彼は、『週刊少年マガジン』の次期編集長の有力候補といわれていた。ところが、昨年6月の人事異動では予期せぬ人事を言い渡されたという。

「朴さんの本意ではないマンガ編集部への異動でした。長年、キャリアを積んできた部署ではないところで働くことへの不安だけでなく、順調にいっていた“出世コース”を外れた失意も感じていたようです」(朴容疑者を知るコミック誌編集者)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス