• TOP
  • 国内
  • 逮捕の講談社編集次長の妻「夫の暴力に悩んでる」と語っていた

国内

2017.01.12 16:00  女性セブン

逮捕の講談社編集次長の妻「夫の暴力に悩んでる」と語っていた

3月からの大型連載も予定していたという講談社の朴鐘顕容疑者

『週刊モーニング』の編集次長を務める講談社の社員・朴鐘顕容疑者(ぱく・ちょんひょん=41才)が、妻を殺害した容疑で逮捕された。発端は2016年8月、時事通信社が報じた短い記事だった。

《東京都文京区***(原文では表記あり)の民家で9日、住民の無職女性(38才)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡していたことが12日、警視庁駒込署への取材で分かった。同居する夫は「自殺だと思う」と説明したが、遺書などは見つからず、司法解剖で死因も判明しなかった。同署は自殺と事件の両面で調べている》

 記事によると、8月9日深夜2時45分頃、40代の会社員の夫から「家の中で妻が倒れている」と119番があった。女性は玄関近くにある階段の下で、部屋着姿で仰向けになって倒れており、約1時間後に病院で死亡が確認されたという。その「会社員夫」こそ、朴容疑者である。全国紙社会部記者が続ける。

「警察はすぐに捜査本部を設置しました。司法解剖の結果、死因が窒息であることがわかった。現場検証では、自宅へ第三者が入った形跡がなかったので、真っ先に疑われたのは、同居する夫の朴容疑者でした。ところが、現場が自宅という“密室”だったことがネックでした。夜だったとはいえ、小学生の長女と長男は物音を聞いたり、現場を見たりしていたかもしれませんが、幼い子供に“父親の凶行”の証言をさせるのは酷ですからね」

 ひっそりと起きた不審死事件だったが、秋口になると一部メディアの間で話題に上り始める。朴容疑者が大手出版社「講談社」の人気マンガ雑誌『週刊モーニング』の編集次長であり、過去にヒットマンガを連発しているカリスマ編集者であるという情報が、じわりと広がっていったからだった。

 朴容疑者は大阪出身で京都大学法学部を卒業した、エリート中のエリート。1999年に講談社に入ると、『週刊少年マガジン』編集部で、累計5000万部を売り上げ、反町隆史(43才)やEXILEのAKIRA(35才)の主演でドラマ化や映画化された『GTO』などを手がける。

 彼の評価を決定づけたのが、創刊に携わった『別冊少年マガジン』だ。創刊と同時に新人マンガ家を大抜擢し、後に累計6000万部を超えるメガヒット作『進撃の巨人』の連載にかかわった。

◆夫人がママ友に漏らした「夫婦間の悩み」

 現場となった朴一家の自宅は、都内中心部の閑静な住宅地にある。付近には明治の文豪の旧跡や寺院が数多く、文化的な雰囲気が漂うエリアだ。

 朴容疑者が群馬県出身の妻と結婚したのは2007年5月。長く社宅暮らしをしていたが、子供が増えて手狭になったのか、一家は5年ほど前にこの一戸建てに引っ越してきた。近所住民が語る。

関連記事

トピックス