国内

タモリの「友達なんかいらない」に橋田寿賀子が共感する理由

友達を減らしていっているというタモリに共感の声広がる

「私には友達がいない」――そう話すのは、作家の橋田壽賀子さん(91才)。本誌・女性セブンでもお伝えしてきたが、夫と死に別れ、子供も親戚もいない橋田さんは安楽死を熱望している。多くの同級生はすでに鬼籍に入り、今や心を残したり、残されたりする友達もいないから、認知症になったら安楽死で逝きたいというのだ。

「だからタモリさん(71才)がおっしゃることはよくわかるんです。もう友達はいりません」

 橋田さんが賛同を示したのは、タモリの『SMAP×SMAP』(フジテレビ系。12月19日放送)での発言だ。

「友達なんかいらないって。(だから)どんどん友達減らしていってるの。切ってくの」

 メンバーを前にそう淡々と話したタモリに、「救われた」「本当にわかる。友達は少なくていい」と、共感の声が広がっている。

「“友達を切る”って言葉には、ぼくなんかはドキッとしてしまうんです」

 そう話すのは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司さん。前野さんは脳・ロボット学者として、認知科学や心理学を活用して人間の幸福のメカニズムを研究している。それによれば、友達の数が多い人ほど幸せということがわかっているという。

「ここでいう友達は、“多様である”ことが条件。職業、年齢、性格、国籍…自分とは違う種類の友達を持っている人の方が、そうでない人よりも幸せということがわかりました。いつも同じ人とつるんで過干渉になっていくよりも、たまに会うくらいの友達がたくさんいた方がいいということですね」

 女性セブンが行った男女300人緊急アンケートで、不要な友達との関係を切るかどうかについて尋ねたところ、賛成はわずか17%だった。

 50才の主婦・田辺慶子さん(仮名)も、ため息交じりに「切りたくても切れない」と言う。

「高校の同級生A子とは、姉妹って呼ばれるほど仲がよくて、結婚後も家族ぐるみでつきあっていたんです。それが子供の大学受験を機に変わってしまいました。わが家の長女は奇跡的に現役で第一志望の大学に合格したけど、A子の三男は優秀だったのに不合格で…。そこからですね。みんなで集まった時とか、まるで私が存在してないみたいに、聞こえないふり、見ないふりをされるようになって。でも、子供も夫も相変わらず仲がいいから、関係を絶ちたくてもそうできないんです…」

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン