芸能

江角マキコ、不倫報道と引退は関係ない 以前から頭にあった

突然の引退は大きく注目を集めた

 突然の「引退」で世間の耳目を集めた江角マキコ(50才)。1月24日発売の『女性自身』で報じられたのは、江角が数年前に知り合った実業家のA氏(51才)と不倫関係にあり、フジテレビ局員の夫・平野眞氏(51才)とは2年前から別居しているというものだった。以前A氏が、巨額投資詐欺事件で逮捕されていることが明らかになり、より波紋は大きいものとなった。

 江角は同誌発売の23日、「不倫は関係ない」「芸能活動を引退させていただく所存」とコメントを発表した。そこで、本誌・女性セブンでは江角本人に真相を聞いた。

――2014年の年末、A氏の家族とスキー旅行に行った際の行動について。

「計3家族での旅行だったんです。記事にあったような、“2人で消えた”ということは一切ありません。私は当時下の子が4才で、その子につきっきりでした。なぜ今さら当時のことが取り上げられるのか不思議です。わが家はだいたい夏と冬に2回、他のご家族と旅行するし、Aさんのご家族とも2回行ったことがあります。特別なことではありません」

――ご主人は『女性自身』で、2014年年末のスキー旅行がA氏と江角さんの関係に疑念を持つ決定打となり、別居のきっかけになったと明言しています。

「夫がどのような状況で取材を受けたのかわからないので…。ただ、私は夫を信じています。取材では言葉尻を捉えられて、誇張されているところもあったのではないかと思うので、記事を鵜呑みにはしていません。あのスキー旅行では、夫自身も楽しそうにしていたんです。子煩悩な人ですから。記事では『本当は行きたくなかった』と話していますが、そんな空気はまったくなかったんです」

――A氏のことでけんかになったわけではないのですか。

「一切ありません。ただ、投資のことは不愉快だったと思います」

――しかし現実に、2015年の年明けに別居しています。

「私たちは『ショムニ』(1998年)で出会い、5~6年同じチームで仕事した仲間です。結婚前も併せると20年近い関係です。これから先も子供の父であり母であることは変わりません。夫も自由な時間が必要な仕事ですし、私も子供の海外進学を控えています。夫婦においても、いろいろなことを考える時期があってもよいと私は考えています。私は早くに父と弟を亡くしました。ストレスといいますか、我慢が原因ではなかったかと思っているんです。それがトラウマになっているのかな…夫には我慢をせず自由に暮らしてほしいんです」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン