• TOP
  • 芸能
  • 「カルテット」 ドラマ通が絶賛も視聴率低迷の3つの理由

芸能

2017.02.10 07:00  NEWSポストセブン

「カルテット」 ドラマ通が絶賛も視聴率低迷の3つの理由

 3つ目の理由は、番組PRの違い。『逃げ恥』があれほど社会的なブームになったのは、「脚本・演出・キャストなどが高品質だったから」だけではありません。これまでも高品質の作品はありましたが、『逃げ恥』だけが社会的なブームになったのは、PRが飛び抜けて凄かったからです。

 まずはベースとなるTwitter、Facebook、Instagram、LINEと4つのSNSをフル活用。出演者を次々に登場させたほか、恋ダンスや毎話10数分のダイジェスト動画を作って、視聴者がシェアで拡散しやすい状況を整えていました。同時にそれを見たネットメディアも食いつき、次々に記事をアップ。「シェアや記事をドラマ未視聴の人々が見て、リアルタイム視聴につなげる」というネット上で新規視聴者を作るサイクルが機能していたのです。

 その他にも、クックパッド、横浜市、日産とコラボするなど、テレビ視聴者以外との接触場所を増やして、視聴率につなげていました。これまでドラマのPRと言えば、自局番組にキャストを出演させて、「見てくれ」と押しつける形がほとんど。ネットやスマホの普及でテレビの優先順位が下がりつつある今、もはやこの形では大きなPR効果は期待できません。

 テレビ局に求められているのは、押しつけるのではなく、『逃げ恥』のように「これは面白い」と視聴者に広めてもらうためのPR。しかし、今期の『カルテット』はまだそれができていないため、認知度が思うように広がっていかないのです。

 高品質のドラマを作ることと、レコメンドしてもらうためのPR。この両輪がそろわなくても高視聴率が期待できるのは、今や数十年の歴史を持ち、「この時間帯はドラマを見る」という固定ファンのいるTBSの『日曜劇場』と日本テレビの『水曜ドラマ』だけなのです。

 今後も視聴率が劇的に上がることは予想しにくいものの、心に刺さる深さは増す一方。『カルテット』は、最後まで見続けた人にとって長年の記憶に残るドラマとなることは間違いないでしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事

トピックス